サービス終了のお知らせ
ブンとフン
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ブンとフン』は井上ひさし中編小説[1]。井上ひさしの小説家としてのデビュー作であり、最初の単行本でもある[4]
1970年昭和45年)1月、朝日ソノラマジュブナイル小説シリーズ「サンヤングシリーズ」の1冊として、「1億総ゲバ・ヤング」を謳い刊行された。もとは1969年昭和44年)1月2日に、NHKラジオ第1放送で「新春こども劇場 グランドマンガミュージカル『ブンとフン』」と題して放送されたラジオドラマであり、小説版はこの台本を、朝日ソノラマの依頼で小説化したものである[3][4]
1974年(昭和49年)には井上自身の手によって『それからのブンとフン』として戯曲化され、翌1975年(昭和50年)に初演された。途中までは小説版とほぼ同内容だが、後日談が付け加えられ、結末が大きく変更されている。
目次
1.小説『ブンとフン』
├1.1.あらすじ
├1.2.登場人物
├1.3.評価
├1.4.書誌
└1.5.翻訳
2.ラジオドラマ『ブンとフン』
3.戯曲『それからのブンとフン』
├3.1.小説版との結末の差異
├3.2.1975年版
├3.3.2013年版
└3.4.書誌
4.関連作品
└4.1.フン先生の初恋
5.脚注
├5.1.注釈
└5.2.出典
6.参考文献
出典:Wikipedia
2019/09/15 16:33
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant