サービス終了のお知らせ
ブレア・ウィッチ・プロジェクト
▼人気記事ランキング
概要
ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(The Blair Witch Project)は、1999年公開のアメリカ映画。日本公開は1999年12月23日(祝日)全国松竹東急系にて。全米公開は1999年7月30日。最初は7月16日に北米限定公開だったが、話題を呼び、拡大された。

1998年製作のアメリカ映画『ジャージー・デビル・プロジェクト英語版』と本作とどちらが先に完成したか、アメリカで物議を醸した。

また、2016年には本作の20年後を舞台とした続編『ブレア・ウィッチ』が公開された。

概要[編集]

超低予算(6万ドル)・少人数で製作されながらも、全米興行収入1億4000万ドル、全世界興行収入2億4050万ドルという大ヒットを飛ばして話題となった。インディペンデント作品としては、異例の話題作。サンダンス・フィルム・フェスティバル'99正式作品。第52回カンヌ国際映画祭監督週間正式作品。DVD版のジャケットともなっている顔のアップは、世界中で使用されている。

魔女伝説を題材としたドキュメンタリー映画を撮影するために、森に入った三人の学生が消息を絶ち、1年後に彼らの撮影したスチルが発見された。三人の学生が撮影したビデオをそのまま編集して映画化した」という設定であるが、実際は脚本も用意された劇映画である。映画の手法としては、擬似ドキュメンタリー(モキュメンタリー)映画として宣伝された。俳優は、2,000人の中からオーディションされ、アドリブの利く者が採用された。主要登場人物は、実名とほぼ同じ名前で出演している。

背景説明のためのメディアミックス(「複合世界」として宣伝され、インターネットウェブサイトテレビの特別番組、書籍が特に効果的な宣伝効果を挙げた)を展開しつつも、物語の核心に繋がる部分の情報を極端に制限していた。

あらすじ[編集]

1994年10月、モンゴメリー大学映画学科に在籍する三人の学生、女性監督のヘザー、撮影担当のジョシュ、録音担当のマイクは、その土地に今なお残る伝説の魔女「ブレア・ウィッチ」を題材としたドキュメンタリー映画を撮影するために、メリーランド州バーキッツビルのブラック・ヒルズの森に向かう[2]

だが、森の中で撮影を続ける三人は、不可解な現象にまきこまれ、想像を絶する恐怖を体験し、そのまま消息を絶った。手掛かりが発見されないまま、やがて捜索は打ち切られる。しかし事件から1年後、彼らが撮影したものと思われるフィルムとビデオが、森の中で発見された。本作品は、彼らの残したフィルムを再構成し、映画化したものという設定となっている。

付近の住民達へ、森の魔女についてのインタビューを行う。
2日目
森近くの道路ブラックロック・ロードにジョシュアの車を置きブラック・ヒルズの森で、テントを張って泊まり込み、順調に撮影を進める。
3日目
深夜、墓のように積み上げた石が並んでいる、いわくつきの魔所コフィン・ロックで野営するが、大勢の人が走り回っているような謎の物音を聞く。
4日目
撮影も終わって車に戻ろうとした3人は、道に迷ったことから雨の中、ひと悶着をおこす。テントの中で、謎の音を聞く。
5日目
朝起きてみると、昨夜まではなかった積み上げた石の山(バイルドロック)が、テントの周囲に3箇所あった。ヘザーの地図も消えていたが、ストレスを溜めこんだマイケルが捨てたことが判明し、大喧嘩になる。歩き疲れた3人の前に、木にぶらさがった「木切れで作られた人型のオブジェ群」(スティックメン)を見つける。その夜、赤ん坊の声がしてテントが揺さぶられ、3人は闇の中を逃げまどう。
6日目
テントに戻ると荷物が散乱しており、ネバネバした青い粘液が付着していた。川があり丸太を渡った後、南にむかって15時間歩いたにもかかわらず、なぜか丸太の場所に戻ってしまい、恐慌状態に陥る。ヘザーはカメラを回し続け、残るふたりの怒りを買う。
7日目
朝起きると、ジョシュアが行方不明になっている。ジョシュアを探し回り、空腹とストレスにより疲労困憊になる。深夜になって、ジョシュアらしき声が響く。
8日目
ジョシュアの服の切れ端で束ねられた枝の中に、血まみれの臼歯と髪の毛をヘザーが発見する。ふたりの両親への謝罪を、カメラに残す。深夜、再びジョシュアらしき声を聞いた二人は、声を追ううちに「朽ち果てた館」(焼失したラスティン・パーの館と説明される)に迷い込む。館の地下室には、何者かが立っている姿があったが、その瞬間に何者かに殴られたのか、カメラが落下した所でフィルムは終わっている。
1年後
事件から1年が経過し、メリーランド大学の学生達が偶然、森の中にある築100年の小屋の土台の下に埋まっていたダッフルバックを発見。バックの中から行方不明になった三人の撮ったフィルムとビデオだけが発見された。そのフィルムから、彼らの遭遇した異常事態が判明するが、事件の真相については、まったくの謎のままで終わる。
3年後
警察が証拠品として押さえていたフィルムが遺族に返却される。ヘザーの母親アンジー・ドナヒューがフィルムの編集をハクサン・フィルムズに依頼。

キャスト[編集]

ヘザー・ドナヒュー:ヘザー・ドナヒュー
ジョシュア・レナード(ジョシュ):ジョシュア・レナード
マイケル・ウィリアムズ(マイク):マイケル・C・ウィリアムズ

吹き替え[編集]

ヘザー・ドナヒュー:岡寛恵
ジョシュ・レナード:大場泰正
マイク・ウィリアムズ:綱島郷太郎
その他の声の吹き替え:堀勝之祐丸山詠二島美弥子さとうあい天田益男津田英三手塚秀彰佐藤しのぶ鉄野正豊彩木香里/北村美渚

スタッフ[編集]

監督・脚本・編集:エドゥアルド・サンチェス、ダニエル・マイリック
音楽:トニー・コーラ
製作:グレグ・ヘイル、ロビン・カウイ
共同制作:マイケル・モネロ
製作会社:ハクサン・フィルムズ(HaxanFilms)[3]
配給会社:アーティザン・エンタティメント(ArtisanEntertainment)
日本語字幕:松浦美奈
日本配給:アスミック・エースクロック・ワークス、松竹

ブレア・ウィッチの伝説[編集]

映画製作にあたって、マイリックらは物語の根幹として「メリーランド州に伝わるブレア・ウィッチ伝説」という架空の伝説を創作し、映画は伝説を取材した学生たちが遺したフィルムであるという設定のもと製作された。主にメディアミックスで紹介される。以下は、映画の基礎となった架空の伝説の概略となる。

メリーランド州バーキッツヴィルに伝わるブレア・ウィッチ(劇中ではエリー・ケドワードと推測されている)の呪いの伝説は、18世紀に始まる。特に印象的な歴史的に大きな事件が50〜60年ごとに3回起こっている。(アイリーン・トリクール事件・コフィン・ロック事件・ラスティン・パー事件)

1734年 ブレアの町設立。
1769年 エリー・ケドワード渡米
1785年 エリー・ケドワード追放
1786年 ブレア・ウィッチの誕生。ブレアの町廃墟に。
1809年 『ブレア・ウィッチ・カルト』出版。ブレアの町の事件について書かれた初の書籍。
1824年 ブレア跡地にバーキッツヴィル設立。
1825年 アイリーン・トリクール事件
1886年 コフィン・ロック事件
1941年 ラスティン・パー事件
1994年 自主制作映画スタッフ失踪事件 (本作)
1785年02月、子供達の血を抜き取ることを目的に家に誘い込もうとしたとしてエリー・ケドワードが、数名の子供の証言により訴えられる(いわゆる魔女狩り)。ケドワードは魔術を使ったかどで有罪となり、寒さのとりわけ厳しい冬のさなかに木に縛られたまま森に放逐されたため、死んだものと憶測されていた。
1786年11月、ケドワードを告発した者たち全員と町の子供たちの半分が、真冬の頃までに姿を消してしまう。町の人々は呪いを恐れ、ブレアの地から逃げ出し、以後二度とエリー・ケドワードの名を口にしないことを誓いあった。
アイリーン・トリクール事件
1825年、11人の目撃者によると、青白い女の手が水中より上がって来て、10歳の アイリーン・トリークルを川に引きずり込んだ。アイリーンの遺体は発見されなかったが、彼女の溺死後13日間にわたって、油にまみれた木切れの束が小川に多数浮かび、流れがよどんだ。この時、川の水を飲んだ牛が死んだ。
コフィン・ロック事件
1886年、8歳のロビン・ウィーバーが行方不明となり、捜索隊が出される。ウィーバーは無事に探し出されたが、捜索隊の一つが帰還しなかった。数週間後、別の捜索隊により内臓を完全に抜かれ、手足を縛り合わされた行方不明の捜索隊の全裸の遺体が、ひつぎ岩(コフィン・ロック)で発見される。それらの遺体の手足、顔には奇怪なシンボルが刻まれていた。しかし発見した捜索隊が戻ったとき、遺体は消失していた。又、ウィーバーは森で宙に浮いた女を見たと証言した。
ラスティン・パー事件
1940年から子供の行方不明が相次ぐ中、1941年05月、ラスティン・パーという名前の中年の隠遁者が、町に現れ「ついにやり遂げた」と語った。不審に思った警察が徒歩で4時間かけて到着した、彼が隠遁暮らしをしていたブラック・ヒルズの森の家にある地下の貯蔵庫で、行方不明だった7人の子供の遺体を発見する。儀式めいた殺され方をしており、内臓を抜かれていた。パーはすべての犯行を認め、森に住む「年老いた女の幽霊」のためにやったのだと当局に語る。生き残った少年カイル・ブロディの告発もありその後、バーは裁判で有罪を宣告され、絞首刑に処される。その後、村人の放火によりラスティン・パーの館も焼失した。後にこの事件は特別番組『ブレアウィッチ2』序章『バーキッツヴィル7』で映像記録保管人クリス・キャラスコにより新たな真相が明かされる。7人の子供の名前はエミリー・ホランズ、テラ・シェリー、マーガレット・ロウエル、スティーブ・トンプソン、エリック・ノリス、マイケル・ギドリー、ジュリー・フォーサイスと明かされた。

テレビ特番『ブレアウィッチの呪い』[編集]

原題は『Curse of the Blair Witch』。43分。サイファイ・チャンネルで映画公開直前の1999年7月12日に放映された。6回も再放送された。DVD映像特典にも収録されている。前述のブレア・ウィッチの伝説や3人の学生の家族構成や出生に登場人物へのインタビューやニュース映像形式で触れられている。日本でも別にテレビ東京系で大鶴義丹出演で本作の探偵バック・ブキャナン(C・D・バック・ブキャナン・Jr.)と行動して謎を追い行方不明になる特別番組が製作された。

スタッフ[編集]

監督・脚本・編集:エドゥアルド・サンチェス、ダニエル・マイリック
脚本:ベン・ロック
音楽:トニー・コーラ

キャスト[編集]

バック・ブキャナン:バック・ブキャナン
ビル・バーンズ(バーキッツヴィル郷土史家):ビル・ドラッガーズ
ラスティン・パー:フランク・パスター、スタン・ケーン
レイチェル・マイヤー(ヘザーの親友):レイチェル・ブラッテン
トム・ウィリアムズ(マイクの弟):トム・ウィリアムズ
ランディ・ドナヒュー(ヘザーの祖父):ランディ・キャンプベル
ドティ・フルチャー(捜索隊ボランティア):ドティ・コリーガン
チャリーズ・モアハウス(ハンプシャー・カレッジ民族学教授):チャリーズ・カルソン
リサ・トラー(ジョシュのガールフレンド):リア・ヘルス
マイケル・デコト(モンゴメリー映画学科教授):ミチェル・フーヴァー
デヴィッド・マーサー(メリーランド大学人類学):デヴィッド・ジョーンズ
ミネット・マーシャル(ニュースキャスター):ミネット・マーシャル
ルーカン・ジョンソン:ルーカン・ジョンソン
ジョセフ・レジー(ニュースキャスター):ジョセフ・レジー
ナレーター:ペグ・オークフ
ロナルド・クレイブンス(バーキッツヴィル保安官):不明
ジム・キング
エライン・スティービンス
ステファン・エドワーズ

キャラクター商品[編集]

劇中で登場する「木切れで作られた人型のオブジェ群」は「スティックメン」と呼ばれ、キャラクター商品が販売された。

ゲーム[編集]

The Blair Witch Project Vol.1:Rustin Parr - 2000年に発売された本作のPCWindows用のホラーアクションアドベンチャーゲーム。続編に2本(Vol.2:The Legend of Coffin Rock、Vol.3:The Elly Kedward Tale)も開発されている。

関連商品[編集]

書籍[編集]

ブレア・ウィッチ・プロジェクト完全調書
著:D・A・スターン、訳:大森望 コミック「ブレア・ウィッチ・プロジェクト・ザ・コミック」
著:山崎峰水、ジョナサン・コーエン、奥瀬サキ前田真宏
映画に忠実な内容とブレア・ウィッチの伝説に関する内容で構成。

CD[編集]

サウンドトラック「Josh's Blair Witch Mix」
通常の音楽CDと異なりブラック・ヒルズの森近くの道路ブラックロック・ロードにジョシュアの自動車に残されたテープが警察が押収した設定のイメージソングCD。1997年10月16日に凍結が解除され遺族がテープを公開した設定を取っている。

関連イベント[編集]

ジョイポリス
ウォークスルーホラー・アトラクション『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』

関連項目[編集]

映画『ブレアウィッチ2』 - 本作の続編。モキュメンタリー形式の映画ではない。
映画『ブレア・ウィッチ』 - 本作の正統な続編。
映画『チュパカブラ・プロジェクト』 - 本作のヒットを受けて作られた亜流作品。
映画『食人族』 - 全編通じてではないが、「発見されたフィルムから何があったか調査する」といった構成では本作に大きく先駆けている。
映画『悪魔のえじき ブルータル・デビル・プロジェクト』 - 『マニアック2001』、『デビルズ・マザー』に続く、『VIOLENT SHIT』シリーズ3作目の映画。日本の配給会社により、冒頭にテロップつけ加えられ無理矢理似せさせられたものでモキュメンタリー形式の映画ではない。
映画『ノロイ』 - 日本版『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』と宣伝されているモキュメンタリー映画。
映画『ボガス・ウィッチ・プロジェクト』 - 本作のパロディ映画。元はTV企画。
セイラム魔女裁判 - 17世紀末のアメリカで実際にあった魔女裁判。
杉沢村伝説 - 日本の『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』と紹介された都市伝説

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/02/28 17:31
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant