サービス終了のお知らせ
ブレーメン
▼人気記事ランキング
5.文化と見所
5.8.年中行事
第5の季節とも呼ばれるブレーメンのフライマルクトは、1035年に開催された記録が遺されており、ドイツで最も古い世俗祭の一つに数えられる。ビュルガーヴァイデで行われる「大」フライマルクトと同じ時期に、市庁舎前では「小」フライマルクトが開催される。月に1回、路面電車の第15・16系統を用いてムゼウムスシュトラーセンバーンの運行(レトロ車両の実動乗車展示)が行われる[13]

重要な行事に主の公現の祝日に行われるブレーマー・アイスヴェッテと2月のブレーマー・シャッファーマールがある。数多くの文化行事の中でも2月の謝肉祭、野外フェスティバル「ブレミナーレ」、国際文学フェスティバル、9月のブレーメン音楽フェストは傑出したものである。多くの観客を集めるスポーツイベントが毎年1月に開催されるブレーメン6日間レースである。2009年9月に第1回ヴェーザー川岸海洋週間が開催された。

ブレーメンジーン[編集]


ブレーメンの年中行事の中でも、フライマルクト(1035年から)、シャッファーマールツァイト(1545年から)、ブレーマー・アイスヴェッテ(1829 年から)、コール・ウント・ピンケレッセン、ドームトレッペンフェーゲン(1890年頃から)、グローセ・マールツァイト(15世紀から)、ヤヌアールゲゼルシャフトあるいはブレーマー・タバコ・コレギウム(1950年代初めから)といった行事は「ブレーメンジーン」と呼ばれる。

この他の新しい行事で重要なものには、ブレーメン芸術賞(1985年から)、ブレーメンの謝肉祭(1986年から)、ブレーミナーレ(1987年から)、ブレーメン連帯賞(1988年から)、ブレーメン音楽祭賞(1998年から)、ブレーメン映画賞(1999年から)、ブレーメン・マラソン(2005年)が挙げられる。

[4]前ページ
(5.7.スポーツ)
[6]次ページ
(5.9.ナイトライフ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/11 13:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant