サービス終了のお知らせ
ブレーメン
▼人気記事ランキング
5.文化と見所
5.4.音楽

クラシック[編集]


ブレーメン・フィルハーモニカーは1825年に創設された、自由ハンザ都市ブレーメンの公式オーケストラである。このオーケストラはブレーメン劇場での定期演奏会の他に特別演奏会や、チャリティー・コンサートで演奏を行っている。ブレーメン・フィルハーモニカーの支配人はクスティアン・ケッター=リックスフェルト、音楽総監督は2007年からマルクス・ポシュナーが務めている。

ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニーは1992年からブレーメンを本拠地とする世界トップクラスの室内管弦楽団である。2004年からエストニア人指揮者パーヴォ・ヤルヴィが芸術監督を務めている。この室内管弦楽団は2007年3月からブレーメン=オスト総合学校を本拠地としている。ここには多くのグループ練習室や450人まで収容可能なコンサートホールがある。

ブレーメンでのクラシック音楽のメインホールは大聖堂近くにある1928年建造の「ディー・グロッケ」である。ヘルベルト・フォン・カラヤンはヨーロッパ最良の3つのコンサートホールの1つとしてこのホールを挙げている。

ブレーメン劇場傘下のテアター・アム・ゲーテプラッツでは定期的にオペラやオペレッタの公演が行われている。

ブレーメン芸術大学の音楽専攻科はコンサートホールやギャラリーで数多くのコンサートや催し物を行うことで、音楽教育のみならず、この街の文化生活の充実に大きな貢献を果たしている。

ポピュラー音楽[編集]


ブレーメンはジャーマン・ロックバンドのヴォルフスモント、イギリスで有名になったロックバンドのトラッシュモンキース、60年代のビートサウンド・グループのヤンキースらを輩出した。

1960年代に有名だったオランダの子供スター、ハインチェを見いだしてプロデュースした、自身もポップシンガーだったロニーもブレーメンの出身である。また、多くのシンガーに詞を提供した作詞家のハンス・ヘーもこの街に住んでいた。

戦後初の本格的な音楽TV番組『ビート・クラブ』でラジオ・ブレーメンがプロデュースしたのがミヒャエル・レッケブッシュであった。この番組は若い視聴者に支持され、土曜午後の放送は高い視聴率を獲得した。この番組は当時のドイツの若者文化に少なからぬインパクトを与えた。その後、この番組をモデルに、たとえば『ムジークラーデン』や『エクストラツアー』といった番組が制作された。

その他の音楽[編集]


ミュージカル・シアター・ブレーメンでは音楽と演劇のコンビネーションを楽しむことができる。
ジャズ前衛音楽の分野では、トランペット奏者ウーリー・ベッカーホフが高い評価を得ている。
ブレーメンには、たとえば StuBu、ティヴォリ、アラジン、リーラ・オイレ、モデルネスといったディスコがある。
[4]前ページ
(5.3.博物館)
[6]次ページ
(5.5.公園)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/11 13:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant