サービス終了のお知らせ
ブレーメン
▼人気記事ランキング
4.経済と社会資本
4.2.交通

船舶交通[編集]


船舶は何世紀もの間、ブレーメンの重要な交通機関であった。産業構造の変革がなされた後の現在でもなお船舶運輸業は重要な経済因子であり、雇用市場である。近隣の貨物交通センターが利用しているノイシュテット港の他、ハンデル港、ホーエントーア港、インドゥストリー港およびブレーマーハーフェンのブレーメン市港がブレーメン市の港に属す。内陸の水上交通のための港は市中心部の上流側からヴェラ港、フルダ港、アラー港がある。外洋港湾施設とその周辺の工業地域はユーバーゼーシュタットという新しい町区を形成した。海外貿易に関わる船舶の大型化に対応するために、ヴィルヘルムスハーフェンに大型コンテナ船用の港を整備するヤーデヴェーザー港プロジェクトをニーダーザクセン州と共同で推進している。

ブレーメン=ノルトはヴェーザー川対岸のニーダーザクセン州ヴェーザーマルシュ郡と3路線のカーフェリーで結ばれている。

航空交通[編集]


ブレーメン南部に国際便が発着するブレーメン空港 (BRE) がある。新しい空港ターミナルはゲルト・シュルツェの設計に基づいて2001年に完成した。ターミナル周辺は1995年から、一部国際企業を含む多くの企業が立地する産業地区エアポートセンターとなっている。2006年には170万人の飛行機利用客があった。2006年の発着回数は40,419回で、 1988年以降最低の値にまで落ち込んだ。その後ライアンエアーがブレーメンからヨーロッパの都市向けの新たな直行便を開設したことにより、2008年には利用者数は250万にまでなった。1965年以降の継続的な利用者数増加にもかかわらず、大型機械の導入やキャパシティ増加計画の導入によっても年間発着回数6万回までしか増便できない。夜間離着陸制限があり、最終便の予定到着時刻は23時に設定されている。朝と夕方の発着は混雑する。空港へは連邦アウトバーンA281号線が通っている。ブレーメン中央駅からは路面電車第6系統の終点にあたる。

鉄道[編集]


ブレーメンは鉄道の乗換地点である。中央駅を発着する幹線鉄道は、ハンブルクからルール地方へ向かう路線、ブレーマーハーフェン行き、ハノーファー行き、フェーゲザック行き、オルデンブルク(もしくはレーア)行きの各路線がある。ブレーメンはICEのブレーメン - ミュンヘン系統、インターシティのハンブルク - ケルン - フランクフルト・アム・マインシュトットガルト系統などでドイツ鉄道の長距離鉄道網に接続している[7][8]

グレーペリンゲン市区の操車場は2005年6月12日に閉鎖された。貨物輸送は操業を続けているその跡地とハーフェン駅とクレックナー=ヒュッテの工場駅(アルセロール・ミッタル・ブレーメン)で手続きを行っている。かつて中央駅の北西にあった貨物駅は取り壊された。しかし、ブレーマーハーフェンのコンテナ・ターミナルの拡張により貨物交通は再び増加している。

地域交通に関してはブレーマーハーフェン、フェーゲザックおよびファルゲ、ローテンブルク (ヴュンメ)、ツヴィストリンゲン、オルデンブルク、ノルデンハム、フェルデン行きのSバーン風の周辺都市交通が運行している。Sバーンの設置は計画中である。さらにブレーマーハーフェン、ハノーファー、ハンブルク、オスナブリュック、オルデンブルク=ノルトダイヒ・モーレ行きの高速のレギオナルエクスプレスや、リューネブルガー・ハイデを通ってエルツェンに至るレギオナルバーンが運行している。

ブレーメン=ノルトを走るファルゲ - フェーゲザック鉄道の10 km区間は、1958年に大幅に減便され、1961年に廃止されたが、2007年12月に再開された。ノルトヴェストバーンが運営するディーゼル列車が30分間隔で運行している。電化後にはブレーメン=ファルゲからフェルデン行きのSバーンの運行路線になる。市内には19の旅客駅が営業している。連邦鉄道局の報告によれば、ブレーメンの主要鉄道路線の総距離は24 kmである[9]

道路交通[編集]


ブレーメンは遠距離道路網への接続も良好である。市域内を走るアウトバーンの総延長は約50kmから60kmである。

ブレーメンの市域南部を連邦アウトバーンA1号線ルール地方 - ハンブルク)が走っている。A1号線は市南東部のブレーメン・ジャンクションでA27号線(ハノーファー(ヴァルスローデ) - ブレーマーハーフェンおよびクックスハーフェン)と交差する。このアウトバーンは市の東部を南東から北西に向かって走っている。市の北部イールポールでA27号線からA270号線が分岐し、ブレーメン=ファルゲまで約10kmを走っている。グレーペリンゲンではA281号線の第1期分ブレーメン=インドゥストリアルヘーフェン・ジャンクションからブレーメン=グラムプケまでが完成した。ヴェーザー川対岸では、貨物交通センターすなわちノイシュタット港から空港すなわちエアポート・シュタットまでの区間が2008年1月に完成したこの新区間の象徴は空港近くに高さ50mの橋柱を構える 斜張橋である。両区間は2013年までにヴェーザー川の下を通る地下トンネルで結ばれ、さらにA1号線まで延長される予定である。これによりブレーメンを周回するアウトバーン・リングが完成し、市内の道路から通り抜け車両を減らすことができる。市の西をオルデンブルクに向かうA28号線が走り、フッフティング市区の外側でA1号線に接続する。

A1 号線は全線6車線に拡幅されているが、さらに8車線への拡張が望まれている。A27号線は、ブレーメン=ユーバーシュタット(B6号線)とブレーメン=ノルト(A270号線)間が、やはり6車線となっている。ブレーメン=ユーバーシュタットとブレーメン・ジャンクションとの間は4車線であり、6車線への拡幅要望がなされている。A270号線とA281号線は4車線である。両者は(前者は騒音対策のためだが)80 km/hに速度制限されている。A1号線の交通は交通管理センターで制御されており、交通量に応じて最高速度が 60 - 120 km/h まで変化する。120 km/h 以上の速度制限のない区間は、夜間限定を含めて市内にはない。ブレーメンは市内全域の最高速度が 120 km/h に制限されたドイツ初の都市である。

この他に連邦道B6号線(南北方向)、B74号線およびB75号線(東西方向)がブレーメンを通っている。B6/B75号線のA27号線からA28号線までの間は、以前アウトバーンA282号線として計画されていた。A281号線の完成によってブレーメンを囲む環状アウトバーン網が完成するが、その際にはB212号線もルート変更がなされる。新しいB212号線はブレーメン西部でA281号線に合流し、これによってヴェーザーマルシュ郡とブレーメンとの接続の便が良好になる。

A5号線ギーセン北部(さらにはフランクフルト・アム・マイン)からブレーメンを通ってノルデンハム方面へ延伸するという1970年代に立案された計画は最終的に放棄された。A5号線はフッフティングとグロルラントの間でB75号線と交差する。

自動車で市区間を結ぶメインストリートは1914年の住民投票によって「ヘールシュトラーセ」と名付けられた道路である。

公共交通機関[編集]


市域内の公共旅客交通 (?PNV) は、ブレーマー・シュトラーセンバーンAG (BSAG) が運営する8系統の路面電車と44系統のバス路線が担っている。ブレーメンの大部分の地区やニーダーザクセン州に属す衛星都市?PNV網が密な間隔で結んでいる。ブレーメン=シュタットとブレーメン=ノルトとの間の交通には鉄道が多く利用されている。路面電車を周辺地域に延伸させ、既存の鉄道の運行間隔を密にすることで衛星都市との交通の便を向上させようという努力がなされている。

地域交通については様々な運輸業者によるバス路線が運行している。都市交通および地域交通に関わる業者はブレーメン/ニーダーザクセン交通連盟 (VBN) に加盟している。

自転車[編集]


ブレーメンには、ハンブルク - ブレーメン自転車道、ブレーメン - オスナブリュック線(ブリュッケンラートヴェク)、ヴェンメ自転車道といった自転車道が通っている。これに加えてこの都市は、ヴェーザー川の水源からブレーマーハーフェンまで伸びる人気の休暇プログラムのヴェーザーラートヴェクの重要な中継点となっている。

ブレーメンはその道路面積の22%が自転車道である。これは人口50万人以上のドイツの都市中、最も高い比率である。また人口1人あたりの自転車道の距離もドイツの大都市の中で最長である。しかしこの数値には路面状態が劣悪なものや、交通研究者が自転車道として認めない交通量の少ない自動車道と共用の「テンポ - 30 - ツォーネン」(暫定30ゾーン)と呼ばれる道路も含まれている[10]

[4]前ページ
(4.1.産業・工業地域)
[6]次ページ
(4.3.メディア)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/11 13:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/25 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位AV女優
 4位水野朝陽
 5位羽生ありさ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant