サービス終了のお知らせ
ブレーメン
▼人気記事ランキング
4.経済と社会資本
ブレーメン商業会議所がブレーメン商人の利益を代表している。本部はシュッティングと呼ばれる建物にある。

昔からブレーメンにとって特別に重要なのは国際貿易である。ブレーメン/ブレーマーハーフェン港湾グループにおける荷の積み降ろしの重点がブレーマーハーフェンにある場合にも、ブレーメンはシュタットブレーミシェス・ユーバーゼーハーフェンゲビート・ブレーマーハーフェン市区がこれに携わっている。積み荷の多彩さは魚、肉、乳製品、ブレーメン綿市場で扱われる綿、茶、米、タバコといった農水産製品加工原料、あるいはワインや柑橘類に及ぶ。ブレーメンは自動車、造船、金属加工、電子技術、食料品加工業の重要拠点でもある。ダイムラー社はブレーメン市内にメルセデス・ベンツの工場を有しており、私企業としてはこの都市最大の雇用主である。この工場は1963年まではボルクヴァルトの工場であった。ここではCクラス、Tモデル、ロードスター SLクラスが生産されている。これに加え、周辺には多くの下請け企業がある。その最大のものが Hellaグループの Hella Fahrzeugkomponenten GmbH である。

造船および金属工業では21世紀にはいる頃から産業構造の変化が起きている。二大造船所のヴェーザー造船所とブレーマー・ヴルカン造船所をはじめとする多くの企業が生き残ることができなかった。ブレーメン製鋼所はアルセロール(2006年以降は アルセロール・ミッタル)に買収された。これに対して航空・宇宙産業では、ブレーメンは現在、その間接部門やハイテク研究部門の所在地となっている。約6,000人のきわめて優秀な人材が活発に研究を行うドイツ最大のテクノロジーパークが大学に設けられた。エアバス機の最終組み立て工程は、ブレーメンで行われている。EADSグループやOHBテクノロジー・グループの企業によって宇宙空間で使い勝手の良い研究室、推進ロケット、あるいは人工衛星システムのモジュールやその一部が制作されている。ラインメタルやアトラス・エレクトローニクは軍事用、民間用の電子技術開発をブレーメンで行っている。この他にゼーバルツブリュック地区にはメルセデスの工場やドイツ鉄道の大きな車両工場がある。

食料品分野では、ブレーメンは主導的な立場にある。有名なブルワリーの Beck & Co. の他にケロッグクラフトフーヅの支局があり、ヴィタクラフトやノルトミルヒの本社がある。

[4]前ページ
(3.3.姉妹都市)
[6]次ページ
(4.1.産業・工業地域)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/11 13:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant