ブランド
▼人気記事ランキング
3.意義
3.2.会計上の扱い
イギリスで1980年代、サッチャー政権のときにブランド資産価値(Brand Equity )が認められるようになった。

会計上ブランドの価値は、合併の際にのれんとして計上される。高いブランド価値を持つ企業は市場で評価されることで純資産以上の時価総額を持つことになるが、その差額がのれんである。ただし自社で勝ち取ったブランド力は客観的な経済価値を見積もることができないため、資産(自己創設のれん)として計上することは認められない。

[4]前ページ
(3.1.経済的意義)
[6]次ページ
(4.ブランドの広告と定着)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/28 10:30
ソ人気記事ランキング
2019/11/18 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位伊藤綾子
 4位滝口幸広
 5位11月17日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant