サービス終了のお知らせ
フセヴォロド2世
▼人気記事ランキング
概要
フセヴォロド2世古ルーシ語:Всеволодъ Олговичь、? - 1146年8月1日)はキエフ大公(在位:1139年 - 1146年スヴャトスラフ2世の孫で、チェルニーヒウ公オレグ1世の長男にあたる。母はビザンツ皇女テオファノ。

概要[編集]

1112年にはルーシによるポーロヴェツ遠征に参加。1127年に、叔父のヤロスラフを追放して、チェルニゴフ公になる。ヤロポルク2世死後、キエフ大公位を継いだ弟ヴャチェスラフを追放し、キエフ大公位に就く。彼の死後、大公位を弟のイーゴリに遺した。

子女[編集]

ムスチスラフ1世の娘アガフィヤ(マリヤ)を妻とし、3男2女をもうけた。

スヴャトスラフ
ヤロスラフ1139年生)
ウラジーミル
アンナ…幾つかの年代記によれば、ガーリチイヴァン・ヴァシリコヴィチと結婚
ズヴェニスラヴァ…ポーランドのシロンスクボレスワフ1世ヴィソキと結婚
出典:Wikipedia
2019/01/05 21:01
ソ人気記事ランキング
2020/03/31 更新
 1位ありがとう
 2位でじこさん
 3位りんご娘
 4位がむしゃら行進曲
 5位ときた洸一
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant