フジテレビジョン
▼人気記事ランキング
18.番組制作姿勢に対する批判
18.6.利益相反・電波の私物化
タイムCM・スポットCMとは別に、番組内で自社製作の映画[78]や自社のイベント・商品、関連会社が権利を有する楽曲[132]などを大々的に取り上げることや、番組内で頻繁に他の番組の宣伝を行うことには、公共の電波の私物化であるとの批判もある[133]
[4]前ページ
(18.5.やらせ・捏造)
[6]次ページ
(19.放送事故・不祥事)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/24 01:00
ソ人気記事ランキング
2019/05/26 更新
 1位日本
 2位小嶺麗奈
 3位キングコング: 髑髏島の巨神
 4位田口淳之介
 5位5月25日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant