サービス終了のお知らせ
フサイン・イブン・アリー (イマーム)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
フサイン・イブン・アリー・イブン・アビー=ターリブ???? ?? ??? ?? ??? ????‎; ?usayn ibn ‘Al? ibn Ab? ??lib; 626年8月28日 - 680年10月10日)は、イスラームシーア派における第3代イマーム(ごく一部では第2代)。母は預言者ムハンマドの娘ファーティマ・ザフラー、父はムハンマドの従兄弟アリー・イブン・アビー=ターリブ。ムハンマドの孫にあたり、シーア派のみならずスンナ派でもアフル・アル=バイト(御家=ムハンマド家)の一員として崇敬される。
フサインはヒジュラ暦61年のアーシューラームハッラム月10日、ユリウス暦では680年10月10日)、カルバラーの戦いで惨敗を喫し戦死した。シーア派はアーシューラーに、その死を悲しむ祭式を行う。
目次
1.出自
└1.1.系図
2.カリフ権とアリー家
3.カルバラーの戦い
4.埋葬
5.シーア派での伝説
6.スンナ派での伝説
7.シーア派におけるフサイン
8.フサインの格言(伝)
9.脚注
10.関連項目
11.外部リンク
├11.1.シーア派系
出典:Wikipedia
2018/10/10 16:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant