フェルナンド7世 (スペイン王)
▼人気記事ランキング
1.生涯
1.1.生い立ち
スペイン国王カルロス4世と妃マリーア・ルイーサ・デ・パルマの長男として、マドリード近くのエル・エスコリアルの広大な宮殿で生まれた。

フェルナンドが生きた時代、フランスではフランス革命が勃発、それによるフランス革命戦争、続くナポレオン戦争は全ヨーロッパを巨大な動乱へ巻き込むこととなった。戦乱は体制の腐敗と老朽化が進んでいたスペインに大きな悲劇をもたらし、久しく国際舞台から外れていたスペインをヨーロッパで最大の関心事とすることになる。

少年から青年時代にかけては、王位継承者とはいえ両親と両親のお気に入りマヌエル・デ・ゴドイ(母の愛人)から除け者にされているという辛い立場に追いやられ、彼らに恨みを抱きつつ、自重していた。この間にも弱体化した政府に対する全国の不満は高まり、1805年には大規模な暴動が起きている。政情不安が続く1807年10月、フェルナンドはエスコリアル陰謀事件の共犯として逮捕された。この陰謀は政府内のリベラルな改革派がフランス皇帝ナポレオンの助けを得てカルロス4世らを追放し、フェルナンドを新王に就けようとしたものである。改革派の希望の星という立場であったにもかかわらず、フェルナンドは陰謀が発覚すると彼らをさっさと裏切り、両親の指示に従った。

[6]次ページ
(1.2.即位)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/18 01:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/27 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位東出昌大
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant