サービス終了のお知らせ
フェルマーの最終定理
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
フェルマーの最終定理(フェルマーのさいしゅうていり、Fermat's Last Theorem)とは、3 以上の自然数 n について、xn + yn = zn となる自然数の組 (x, y, z) は存在しない、という定理のことである[注釈 1]フェルマーの大定理とも呼ばれる。ピエール・ド・フェルマーが驚くべき証明を得たと書き残したと伝えられ、長らく証明も反証もなされなかったことからフェルマー予想とも称されたが、フェルマーの死後360年経った1995年アンドリュー・ワイルズによって完全に証明され、ワイルズの定理あるいはフェルマー・ワイルズの定理とも呼ばれるようになった[1]
目次
1.概略
2.個別研究の時代
├2.1.n = 4
├2.2.n = 3
├2.3.n = 5
├2.4.n = 14
└2.5.クンマーの理想数
3.近代的アプローチへ
├3.1.モジュラー形式
├3.2.モーデル予想
├3.3.谷山?志村予想
└3.4.フライ・セール予想
4.最終的解決
└4.1.フェルマーの最終定理を証明した論文
5.エピソード
6.脚注
├6.1.注釈
└6.2.出典
7.参考文献
8.関連文献
├8.1.小説
├8.2.まんが版
└8.3.さらに進んだ書物
9.関連項目
10.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/12/31 18:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant