フィリピン第一共和国
▼人気記事ランキング
1.歴史
1.1.フィリピン独立革命
フィリピン第一共和国はフィリピン独立宣言と一連のスペイン支配の崩壊を受けて設立された。フィリピン第一共和国は1899年のマロロスのバラソアイン教会における憲法制定会議によってフィリピン議会を設けることとして、1897年7月7日のビアクナバト協定によって設立された独裁政権に取って代わった。1899年1月1日にフィリピン議会はエミリオ・アギナルドを大統領に選出し、1月23日には大統領就任式を行った。1899年1月21日にアギナルドとフィリピン議会の10人の代表によってフィリピン共和国は承認された。1899年にマロロス憲法が批准されると、フィリピンリテリア大学(Universidad Literia de Filipinas)がブラカン州マロロス市に設立された。フィリピンリテリア大学は法学、薬学、医学、公証学の講義があった。1898年10月25日には士官学校(Academia Militar)。少年のための特殊学校としてブルゴス研究所(Burgos Institute)が設立された。

一方で、前年の1898年8月以降、米西戦争の過程でマニラを占領していたアメリカ軍は、共和国派(独立派)がマニラ占領に参加することを許さず、両者が対峙する二重権力状態が続いた。

[6]次ページ
(1.2.米比戦争による終焉)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/06 09:31
ソ人気記事ランキング
2019/09/19 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位9月18日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant