フロリダ州
霊感|六星占術|にきび跡
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
2.地理
2.2.気候
フロリダ州の気候は州内のどの部分も大洋から遠く離れてはいないという事実で幾らか和らげられるものである。オキーチョビー湖から北では温暖湿潤気候であり、湖から南の海岸ではフロリダキーズを含み、まさに熱帯気候である[7]。州内で最高気温が 100°F(38℃) を超えるのは希だが、夏季は 90°F(32℃) 台となるのが普通である。
晩秋から冬にかけてのフロリダ州は時として寒くなり、強風が吹き、全州に渡って比較的低温になる。州北部や中部での最高気温は 40°F台 - 50°F台 (4℃ - 15℃)、最低気温は 20°F台 - 30°F台 (−7℃ - 4℃) になることがあるが、南部では氷点下になることが希である。
フロリダ州における過去最高気温は1931年6月29日、モンティチェロでの 109°F(43℃) である。過去最低気温は1899年2月13日、タラハシーから25マイル(40 km) の所で記録した −2°F(−19℃) である。7月下旬の平均最高気温は 90°F台(32℃ - 35℃) であり、1月下旬の平均最低気温は北部での 40°F台(4℃ - 7℃) から南部での 50°F台半ば(13℃) まである。
フロリダ州の四季は気温よりも降水量で決定されている。春からは夏は暑く雨が多い。秋から冬は温暖から冷涼で、比較的雨が少ない。フロリダ州中部や北部では11月末から冬に掛けて紅葉が普通に見られる。
フロリダキーズは完全に海に取り囲まれているので、温度の変化が少ない。キーウェストでは夏でも 90°F(32℃) を超えることは希であり、冬は 60°F(16℃) を下回ることも希である。霜が降りたという記録も無い。
フロリダ州の渾名は「サンシャインステート(日光の州)」だが、悪天候が起こることも多い。中部はアメリカの首都とも呼ばれ、国内の何処よりも雷発生回数が多い[8]。晩春から早秋まで州内のほとんどの地域で午後の雷雨がよく発生するために、全米のどの州よりも年間降水量が多い。晴れた日が雷雨で中断され、1時間かそこら後には日光が輝いているということもある。正午過ぎの暖められた時間帯にメキシコ湾と大西洋からの気流が陸上で衝突して起こると考えられるこの雷雨は、驟雨、強風をもたらし、時には竜巻を伴う。水上で起こる竜巻を含め単位面積当たりの竜巻発生回数ではフロリダが全米でトップであるが[9]中西部グレートプレーンズで起こる竜巻に比べるとそれほどの強さはないのが普通である。激しい雷雨のときにはが降ることも多い。
フロリダ州の特に半島部では、降雪は希である。1899年にフロリダ州でも吹雪が吹いたことがあった。タンパベイ地域では、五大湖地方湖水効果雪に似た「湾効果雪」があった[10]。この1889年の時は、フロリダ州で唯一 0°F(−18℃) を下回った時である。1977年1月19日にはフロリダ州の最も広範な範囲での降雪があり、半島南端のホームステッドでも降雪があった。マイアミビーチでも歴史上記録に残るただ1回の降雪があった。2003年の「大洋効果雪」では大西洋岸ににわか雪が降り、遙か南のケープ・カナベラルでも降雪が観測された[11]。1993年の大暴風の時は、パンハンドル部で吹雪となり、半島部は豪雨と竜巻に襲われた。この嵐はハリケーンと同じような成因によるものと考えられ、メキシコ湾岸では6フィート (1.8 m) 以上の高潮が起きた。極最近の事例では、2010年1月の凍結時に州中部と南部に雪と霙が降った。州間高速道路4号線の北では幾らかの積雪も見られたが、大半は霙だった[12]
ハリケーンシーズンは6月1日から11月30日までとされているが、このシーズン外に発生するハリケーンもある。ハリケーンはフロリダ州にとって大きな脅威である。フロリダ州は亜熱帯から熱帯に長い海岸線を持っているために、全米でも最もハリケーンの影響を受けやすい州となっている。1851年から2006年まで、フロリダを襲ったハリケーンは114個あり、そのうち37個はカテゴリー3以上の大型だった[13]。ハリケーンシーズンでフロリダ州に被害を与えずに通り過ぎるハリケーンは希である。カテゴリー4以上のハリケーンの場合、その83%はフロリダ州かテキサス州を襲っている[13]。8月から10月が最も危険性の高い時期である。
2004年にフロリダ州は4つの記録的なハリケーンに襲われた。8月13日のハリケーン・チャーリー、9月4日から5日のハリケーン・フランシス、9月16日のハリケーン・アイバンおよび9月25日から26日のハリケーン・ジャンヌであり、州経済の累積損失額は420億ドルに上った。さらに4つのハリケーンによる被災額は450億ドルだった。2005年7月10日のハリケーン・デニスは11か月の間で5番目のものとなり、8月25日のハリケーン・カトリーナはフロリダ州南部を通過し、9月20日のハリケーン・リタはフロリダキーズを襲った。10月24日のハリケーン・ウィルマはマルコアイランド直ぐ南、ケープロマノ近くで地滑りを起こした。ハリケーン・ウィルマは被害届出窓口を5年間設けたこともあって、フロリダ州の歴史でも2番目に損害額の大きなハリケーンになった。
1992年8月24日にフロリダ州を襲ったハリケーン・アンドリューは250億ドル以上の損害額を出し、アメリカ史の中でも2番目に損害額が大きなものとなった。その他過去の大きなハリケーンとしては、1926年マイアミ・ハリケーン、1928年オキーチョビー・ハリケーン、1935年レーバーデイ・ハリケーン、1960年ハリケーン・ドンナおよび1995年のハリケーン・オパールが挙げられる。最近の研究ではこれらハリケーンが自然循環の一部であり、地球温暖化の結果ではないということである[14][15]
しし座|賃貸|おひつじ座
ほくろ除去|現金|看護助手
ギフト選びなら楽天市場へ
結婚祝い・出産祝い・内祝い…贈るシーン別に探せる♪
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(2.1.州境)
[6]次ページ
(2.3.動物相)

7. Ritter, Michael. “Wet/Dry Tropical Climate”. University of Wisconsin, Stevens Point. 2012年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月18日閲覧。
8. “Lightning Information Center”. National Weather Service. 2008年1月23日閲覧。
9. Aten, Tim (2007年7月1日). “Waterspouts common off coastal Florida in summer”. Naples Daily News. http://www.naplesnews.com/news/2007/jul/01/waterspouts_common_coastal_florida_summer/?breaking_news 2008年1月23日閲覧。 
10. James A. Henry, Kenneth Michael Portier, Jan Coyne, The Climate and Weather of Florida, Pineapple Press, 1994, p. 60. .
11. “Cold Temperatures and Snow Flurries in East-Central Florida”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2007年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月18日閲覧。
12. wftv.com Archived 2010年11月20日, at WebCite
13. Doe (28 March 2009), Florida is US lightning capital, Melbourne, Florida: Florida Today Factbook, pp. 34 
14. Than, Ker (2005年8月31日). “Many More Hurricanes To Come”. Live Science. http://www.livescience.com/environment/050831_hurricane_freq.html 2007年12月3日閲覧。 
15. “NOAA Attributes Recent Increase In Hurricane Activity To Naturally Occurring Multi-Decadal Climate Variability”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2007年12月3日閲覧。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/09/29 14:00
転職|浮気|縁結び
てんびん座|フレッツ光|相性占い
ソ人気記事ランキング
2017/10/19 更新
 1位ドリフ大爆笑
 2位信長協奏曲
 3位10月18日
 4位青木歌音
 5位いぬやしき
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant