サービス終了のお知らせ
フレデリック・ブルックス
▼人気記事ランキング
1.経歴と業績
ブルックスは、アメリカ合衆国ノースカロライナ州ダーラムに生まれ、デューク大学1953年に卒業、1956年応用数学計算機科学)でハーバード大学から博士号を授与された。ハワード・エイケンが彼の指導教官であった。

ブルックスは1956年にIBMに入社し、ニューヨークのポキプシーおよびヨークタウンで勤務した。ロスアラモス国立研究所向けの一千万ドルもする科学計算用スーパーコンピュータであるStretchコンピュータや、アメリカ国家安全保障局向けの IBM 7950 Harvest コンピュータの開発に従事した。その後、System/360 およびそのオペレーティングシステム OS/360開発グループのマネージャとなった。このころ、コンピュータアーキテクチャという用語を生み出している。

1975年には、その著書 "The Mythical Man-Month" (日本語版での書名は『人月の神話』)[2]において、ソフトウェア工学におけるプロジェクト管理の経験則であるブルックスの法則を提唱した。1986年に発表した論文で No Silver Bullet銀の弾丸など無い)というフレーズを用いて、全て問題に通用する万能な解決策などは存在しないと論じたことから、理想論的なソフトウェア設計について否定的な意味で Silver Bullet (銀の弾丸)という言葉が用いられるきっかけともなった。

1964年のノースカロライナ大学チャペルヒル校計算機科学部の創設に尽力し、20年間学部長を務めた。2010年現在もそこで活発に研究活動しており、特にバーチャルリアリティと科学的可視化を専門としている[3]

2010年、WIRED誌のインタビュー記事で[4]、「あなたの最大の技術的貢献は何だと思いますか?」と聞かれ、「私が行った最も重要だった決断は、1バイトを6ビットから8ビットに変更したことだ。それによって小文字が使えるようにした。この変更はあらゆる場所に伝播していった」と答えている。

IEE/BCSの主催するチューリングレクチャーの講演者に選ばれ、2005年1月ロンドンにて "Collaboration and Telecollaboration in Design" と題して講演した。1994年、Association for Computing Machinery (ACM) フェローに選ばれた。

ブルックスは福音派のキリスト教徒で InterVarsity Christian Fellowship でも活動している[5]

[6]次ページ
(2.著書)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/24 14:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant