サービス終了のお知らせ
フリッツ・クライスラー
▼人気記事ランキング
2.主な作品
3つの古いウィーンの舞曲
愛の喜び (Liebesfreud)
愛の悲しみ (Liebesleid)
美しきロスマリン (Sch?n Rosmarin)
ウィーン奇想曲 作品2
中国の太鼓 作品3
オールド・リフレイン(オリジナルは Johann Brandl の作曲)
弦楽四重奏曲イ短調
ロマンス 作品4
ジプシーの女
シンコペーション
道化役者のセレナード
ウィーン小行進曲
レチタティーヴォとスケルツォ・カプリース 作品6
ロマンティックな子守歌 作品9
おもちゃの兵隊の行進曲
祈る女
ベートーヴェンの主題によるロンディーノ
羊飼いのマドリガル
コレッリの主題による変奏曲
オーカッサンとニコレット
ウィーンの民謡(老ステファンシュトゥルムより)
2つのロシア民謡のパラフレーズ(ボルガの舟曳歌、エイコーラと民謡)
ロンドンデリーの歌(アイルランド民謡の編曲)
以下、1935年に作曲者詐称事件(#クライスラーの偽作参照)で自作と公表した曲
ヴィヴァルディの様式による協奏曲 ハ長調
ディッタースドルフの様式によるスケルツォ
ボッケリーニの様式によるアレグレット
マルティーニの様式によるアンダンティーノ
カルティエの様式によるシャセ
ニッコロ=ポルポラの様式によるメヌエット
プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ
フランクールの様式によるシチリアーノとリゴードン
ガエターノ・プニャーニの様式によるテンポ・ディ・メヌエット
ルクレールの様式によるタンブラン
バッハの様式によるグラーヴェ
クープランの様式によるルイ13世の歌とパヴァーヌ
クープランの様式によるプロヴァンスの朝の歌
クープランの様式による貴婦人
この他、ベートーヴェンやブラームスヴァイオリン協奏曲カデンツァドヴォルザークスラヴ舞曲集のヴァイオリン用編曲など多数。ナチス政権下においては、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を演奏する際に、ユダヤ系のクライスラーのカデンツァを使うことは黙認されていた(例えば戦時中のフルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル、エーリッヒ・レーン独奏のライヴ録音ではクライスラーのカデンツァが使われている)が、クライスラーの作であることは当然伏せられた。
[4]前ページ
(1.生涯)
[6]次ページ
(3.発言)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/06/22 09:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant