サービス終了のお知らせ
フリードリヒ・シュライアマハー
▼人気記事ランキング
2.思想
2.3.哲学
ドイツ観念論の時代に生きた彼は、イマヌエル・カントヨハン・ゴットリープ・フィヒテゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルらの思想を批判することによって自身の独自の思想体系を作り上げていったが、生前にその体系が明らかになることはなく、哲学者としての業績より自由主義神学の神学者としての業績が評価されていた。彼の哲学大系の中核には、弁証法があるが、それはヘーゲルのそれとは異なり、あくまで対話に基礎を置くものであった。彼にとって歴史的に制約された人間の知的な営みである学とは、相対立する二つの命題を一つの原理に基づき止揚し閉じた体系を作り出していくようなものではありえず、二つの命題が常に対話関係にあって、その時々の良識の中で適切な決定を図っていこうとするものであって、それは常に改良を加えることのできる終わりのない開かれた体系なのである。

[4]前ページ
(2.1.概要)
[6]次ページ
(2.4.解釈学)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/06 00:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant