サービス終了のお知らせ
フリーアナウンサー
▼人気記事ランキング
2.フリーアナウンサーになる経緯
大別して3種類ある。

局アナが放送局を退職して、フリーアナウンサーになる。
男性の場合は主に30代後半から40代にかけて転じることが多い(理由としても管理職になることで現場から遠ざかることを良しとしない場合や自局では成功しているが他局でも挑戦してみたいといった上昇志向といった場合など)が、定年(または定年後一定期間の嘱託職・役員待遇を2〜3年勤めた後も含め)退職後にフリーとなる者もいる。
女性の場合は結婚に伴い夫の仕事上での転勤や、出産、育児に専念する時間を確保するため等の理由が多い。地方局の局アナを退職後、フリーアナウンサーを経験してから、別の放送局の局アナ・キャスター・記者に転職するケースも見られる(例:丸岡いずみ)。その他、局の男性プロデューサーから受けるセクシャルハラスメントが原因との向きもある[1]
また、フリー転身後も他局ではほとんど仕事をせず、古巣局制作番組しかほぼ出演しないという人物も存在する(例:一時期の三雲孝江小宮悦子高島彩、ラジオ局の元アナウンサーなど)。 他の職業から転職して、フリーアナウンサーになる。
例:小谷真生子
最初から、フリーアナウンサーになる。
例:吉田恵セント・フォース)所属。
男性・女性を問わず、フリーになる時期も様々だが、得意・専門分野での活動ができなくなったり、放送局内での人員配置転換などで管理職やアナウンサーとは別の部署へ異動するケース、キー局でのアナウンサー試験に失敗し結果地方局で契約職のアナウンサーとして活動したのち東京に転機を求めるなど、自身のアナウンサーとしての職業意識のモチベーションなどにより、芸能事務所や制作プロダクションなどに自らオファーをしたり、ヘッドハンティング的にスカウトされたりしてフリーアナウンサーになる場合も少なくない。

[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(3.活動中のフリーアナウンサー)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/07 19:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant