フランツ・カフカ
▼人気記事ランキング
7.関連作品
7.2.カフカ作品の映像化、舞台化、作曲など
カフカの作品を映画化したものとしては以下のようなものがある。

1962年 - 『審判』、オーソン・ウェルズ
1968年 - 『城』、ルドルフ・ネルテ
1975年 - 『変身』、ヤン・ニェメツ (テレビ映画)
1977年 - 『ザムザ氏の変身』、キャロライン・リーフ (アニメーション)
1983年 - 『階級関係(アメリカ)』、ストローブ=ユイレ
1987年 - 『変身』、ジム・ゴダード (テレビ映画)
1991年 - 『KAFKA/迷宮の悪夢』、スティーブン・ソダーバーグ(『城』『審判』とカフカの生涯を組み合わせたもの)
1993年 - 『トライアル/審判』、デイヴィッド・ジョーンズ、脚本:ハロルド・ピンター
1993年 - Franz Kafka's 'It's a Wonderful Life'ピーター・キャパルディ
1997年 − 『カフカの「城」』、ミヒャエル・ハネケ
2001年 - K.af.ka fragment、クリスティアン・フロッシュ ※フェリーツェ宛の手紙の翻案。
2002年 - 『断食芸人』、トム・ギボンズ (アニメーション)
2002年 - 『変身』、ワレーリイ・フォーキン
2007年 - 『カフカ 田舎医者』、山村浩二
舞台作品としては、1947年にアンドレ・ジッド脚色、ジャン=ルイ・バロー演出による『審判』がパリで上演されたのを始め、ペーター・ヴァイスによる『審判』の翻案、スティーヴン・バーコフによる『変身』『審判』の翻案など多数の例がある。日本では別役実による『変身』『審判』「門」「断食芸人」などの翻案や、松本修による『アメリカ(失踪者)』『城』『審判』の翻案など。またケラリーノ・サンドロヴィッチにより、カフカの伝記に創作を交えた戯曲『カフカズ・ディック』(2001年)、未完の3長編を再構成しカフカ本人のエピソードや現代の物語なども織り込んだ『世田谷カフカ 〜フランツ・カフカ「審判」「城」「失踪者」を草案とする〜』(2009年)が上演された。

オペラ作品ではゴットフリート・フォン・アイネムによる『審判』(1953年初演)、ハンス・ヴェルナー・ヘンツェによるラジオ・オペラ『村医者』(1951年)や、フィリップ・グラス作曲による『流刑地にて』(2000年初演)などがある。これ以外にもダンスや一人芝居など、様々なかたちで舞台化が試みられている。

カフカのテキストに曲を付けようとする試みもなされており(最初にカフカの詩に作曲したのはブロートだったという[205])、例として、ヴィヴィアン・ファインによる『支那の長城』、エルンスト・クルシェネクの『カフカによる5つの歌曲』、クルターグ・ジェルジの『カフカ断章』やルーカス・フォスのオーケストラ伴奏歌曲集『タイム・サイクル』の中の一曲などが挙げられる。

[4]前ページ
(7.1.カフカをモチーフにした文学作品など)
[6]次ページ
(8.1.注釈)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/04/07 22:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/19 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位9月18日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant