フランツ・カフカ
▼人気記事ランキング
7.関連作品
7.1.カフカをモチーフにした文学作品など
氷になった男(『建売住宅温泉峡』所収、かんべむさし、文芸春秋、1981年) - SF小説
過負荷都市(神林長平、徳間書店、1988年) - SF小説
カフカ/夜の時間(高橋悠治、晶文社、1989年) - 詩集
カフカの外套(新井満、文藝春秋、1991年) - 小説
カフカ―コミック版(D.Z.マイロウィッツ、ロバート・クラム著、堀たほ子訳、心交社、1994年) - 漫画
カフカの父親(トンマーゾ・ランドルフィ著、米川良夫ほか訳、国書刊行会、1996年) - 小説
カフカは私を眠らせない(早川泰栄、ふらんす堂、1997年) - 詩集
カフカズ・ディック(ケラリーノ・サンドロヴィッチ、白水社、2001年) - 戯曲
海辺のカフカ村上春樹、新潮社、2002年) - 小説
ドクターKの湯治旅行(『目眩まし』所収、W.G.ゼーバルト著、鈴木仁子訳、白水社、2005年) - 小説
カフカの友と20の物語(アイザック・バシェヴィス・シンガー著、村川武彦訳、彩流社、2006年) - 小説集
カフカよ、さらば(ベルナール・バンゴー、1990年、未訳) - 小説
カフカ・クロニクルズ(マーク・アメリカ、1993年、未訳) - 小説
カフカ・アメリカーナ(ジョナサン・レセム、カーター・ショルツ、1993年、未訳) - 小説
エルサレムのカフカ(アヴィグドル・ダガン、1996年、未訳) - 小説
[4]前ページ
(6.3.日本における状況)
[6]次ページ
(7.2.カフカ作品の映像化、舞台化、作曲など)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/04/07 22:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/20 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位9月19日
 5位逆鉾昭廣
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant