サービス終了のお知らせ
フランス植民地帝国
▼人気記事ランキング
2.英国との植民地戦争
18世紀半ば英国との一連の植民地戦争が始まり、最初のフランス植民地帝国のほとんどが没落することになる。これらの戦争とはオーストリア継承戦争(1744年〜1748年)、七年戦争(1756年〜1763年)、アメリカ独立戦争(1778年〜1783年)、フランス革命戦争(1793年〜1802年)、ナポレオン戦争(1803年〜1815年)である。海外では北米植民地戦争と呼ばれ、1760年代までに大英帝国によって海上の覇権を奪われて行った。

フランス領インド総督ジョゼフ・フランソワ・デュプレックスの成功にもかかわらず、インドにおける英国との争いはオーストリア継承戦争では決着が付かず、七年戦争では当初フランス側が北米で優勢であったが、最終的にヌーヴェル・フランスは英軍に占領され、ほとんど西インド諸島の植民地とすべての仏領インドが失われた。パリ講和条約ではいくつかのインドにおけるフランスの植民拠点とカリブ海のマルティニクとグアドループがフランスに返還されたが、後にルイジアナはスペインに参戦の代償として割譲され、フランスは北米大陸から全面的に撤退したのである。西インド諸島グレナダセント・ルシアも英国に割譲された。フランスがアメリカ独立戦争に参戦したことにより、1783年パリ条約でセント・ルシアがフランスに返還されたが、当初の期待よりはるかに少ない成果であった。

残されたフランスの植民地も1791年サン・ドマングで発生した黒人奴隷革命により大打撃を受ける。フランス革命による現地白人支配層の亀裂から生じた黒人暴動は、1804年にはハイチ共和国の成立にいたり、フランスは最も収益のあるこの植民地を失った。さらに、エジプトに植民地を創設しようとしたナポレオンの企ては失敗に終わり、ナポレオンがスペインから取り戻したルイジアナ植民地も財政上の必要からアメリカ合衆国に売却された(ルイジアナ買収)。ナポレオン戦争中残されたフランス植民地はすべて英軍に占領されている。

[4]前ページ
(1.最初の植民地帝国)
[6]次ページ
(3.第二の植民地帝国)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/27 22:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant