フランスパン
▼人気記事ランキング
3.種類
同じくパン・トラディショネルを使ったパンでも、形や大きさにより名前が違う。

細めの棒状パン。重さ300gから400g前後、長さ70cmから80cm前後[7]。 細めの棒状パン。小さめのバゲット。長さ12cm前後。 バゲットとパリジャンの中間に位置する。重さ300g・長さ40cmから50cm前後[7]。 重さ400g・長さ68cm前後と太めの棒状パン[7]山崎製パンのフランスパンの製品名にもなっている。 太長のパンで重量感がある。重さ850g・長さ55cm前後[7]フルートのように細長い。重さ200gから250g前後、長さ50cmから60cm前後[7]のように細い。重さ120gから150g前後、長さ30cm[7]。 ボール状の中型パン。重さ約280g[7]。フランス語の「ブーランジュリー(パン屋)」の語源となっている。 ラグビーボール状のパン。大きめに焼かれ、精製度の低い小麦粉を使うことが多い。 バゲット、フルートなどで深いクープ(切れ目)を入れ、麦の穂のような形の焼き上がりになるようにしたもの。 上に円形の「頭」がある、きのこ状のパン。重さ50g[7]。 約20cmの紡錘形。焼成前にナイフで1本の長い切れ目(クープ, coupe)を入れる[7]。ただし、フランスではこのような名で呼ばれるパンは一般には知られていない。 ブールの中央にくびれを入れたパン[7]。クープと違い切れ目は入れない。 セグル (seigle) はライ麦の意。ライ麦を入れたフランスパン。ライ麦の配合比率によって名称が違い、記述されている順にライ麦が多い。 伝統的なパン種 (levain) によって発酵熟成されたフランスパン。 日本では生地に砂糖が使われるため、フランスパンというよりも菓子パンとしてのイメージが強い。
[4]前ページ
(2.歴史)
[6]次ページ
(4.クープ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/07 10:00
ソ人気記事ランキング
2018/11/14 更新
 1位日本
 2位日本における死刑
 3位今日から俺は!!
 4位北方町猟銃殺人逃走事件
 5位アフタヌーンショー
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant