サービス終了のお知らせ
フランクフルト・アム・マイン
▼人気記事ランキング
7.経済と社会資本
7.6.新たな経済発展
マスターカードの依頼を承けた経済研究グループは、毎年、世界で最も重要なビジネスセンターがどこであるかという調査を行っている。この調査でフランクフルトは2007年に第7位となった。このランキングには国内よりもグローバルであることが求められるため、ドイツの他の都市よりも高いランキングとなっている。この街の経済発展におけるグローバル化の重要性はフランクフルト経済が1980年代からの数十年で経験した大きな構造変化にも現れている。

DAX対象企業 30社のうち、1988年から 5社が、1990年から1996年には 6社がフランクフルト・アム・マインにあった。このうち 3社が銀行(コメルツ銀行AGドイツ銀行AGドレスナー銀行AG)、3社が工業系企業(デグサAGヘキストAG、メタルゲゼルシャフト)であった。しかし2007年半ばからフランクフルトのDAX対象企業は3社だけになった。このうち2社が銀行(コメルツ銀行とドイツ銀行)、サービス系企業が1社(ドイツ取引所)である。構造変化は、1980年代にまず、フランクフルトで伝統的に強い金属業界や電子業界で起こった。ハルトマン・ウント・ブラウン、フェライニクテ・ドイチェ・メタルヴェルケ、デマグ、ナクソス=ウニオーン、アドラーヴェルケ、VDOといった会社が、多くは吸収・合併の後、フランクフルトの工場を閉鎖したり、本社を移転したりした。かつてドイツで 2番目に大きな電子機器コンツェルンであった AEG は、1982年に債務超過の末にダイムラー・ベンツに吸収され、長年にわたる経済的衰退の結果、1996年に解体された。メタルゲゼルシャフトは、GEAグループに吸収された後、2005年にボーフムに移転した。

フランクフルトは、世界最大級の化学・医薬品産業の所在地であるにもかかわらず、この街に本社を置く大企業はない。ヘキストAGは1970年代から1980年代には売上高世界第2位の化学・医薬品企業であった。しかし1977年に代表取締役ユルゲン・ドルマンの下で多くの企業に分割され、それぞれ異なる企業と合併して本社が移転した。アメリカ合衆国セラニーズスイスクラリアントフランスサノフィなどである。かつてのヘキストの工場跡地であるインドゥストリーパーク・ヘーヒストは、現在でもヨーロッパで最も広い化学工場用地トップ3の1つであり、1990年代よりもさらに多くの従業員が働いている[74]

かつて最大の染料メーカーの1つだったフェッヒェンハイムのカッセラAGは、1995年にヘキストAGと合併した。この事業部門はヘキスト分割に伴って、1997年にクラリアントに属すこととなった。マインクールの旧カッセラ工場は、その後アレッサケミーGmbH の本社として存続している。この企業名アレッサケミー (AllessaChemie) は、カッセラ (Cassella) のアナニム(綴りを逆向きに並べ替えたもの)である。

デグサは2001年に本社をデュッセルドルフに移し、エッセンのエヴォニク・コンツェルンに編入された。

ドイツ鉄道東西ドイツ再統一に伴い、2000年にグループ本社をベルリンに移転した。ただしグループ開発およびその他の中心的な部門、ならびに子会社のDBネットやDBシステルはフランクフルトに残っている。

フランクフルトの高い営業税、高い事務所家賃、高い地価により、企業の周辺自治体への移転が助長された。ドイツ銀行は1990年代に新しい計算機センターをエシュボルンに建設し、BHF銀行も1997年にオッフェンバッハに計算機センターを設立した。

2013年に発表されたフランクフルト・アム・マイン商工会議所による景気に関するアンケートによれば、世界金融危機以後、ほぼすべての経済分野で市場は回復傾向にある[75]

2011年9月26日にチコナの新しい生産工場がオープンした[76]。これはケルスターバッハからインドゥストリーパーク・ヘーヒストに移転したものである。

[4]前ページ
(7.5.見本市)
[6]次ページ
(7.7.購買力)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/29 20:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant