フランチェスコ2世・ゴンザーガ
▼人気記事ランキング
概要
フランチェスコ2世・ゴンザーガFrancesco II Gonzaga, 1466年8月10日 - 1519年3月29日)は、マントヴァフェデリーコ1世・ゴンザーガバイエルン公アルブレヒト3世の娘マルゲリータ・ディ・バヴィエラとの息子である。ジャンフランチェスコ(Gianfrancesco)とも。
父の死によりマントヴァ侯に即位、1490年2月12日フェラーラエルコレ1世・デステの娘イザベラ・デステと結婚し、ゴンザーガ家エステ家の伝統的な同盟関係を更新した。
1495年のフォルノーヴォの戦いで、フランチェスコ2世・ゴンザーガ率いるミラノ公国ヴェネツィア共和国の同盟軍は、ナポリ王となっていたフランス王シャルル8世に勝利し、 敗北したフランスが撤退したためナポリはアラゴンの手に戻った。
1519年に死去。一説では死因は梅毒といわれる。
家族
フランチェスコ2世とイザベラとの間には成人した6人の子があった。
エレオノーラ(1494年 - 1570年) - ウルビーノフランチェスコ・マリーア・デッラ・ローヴェレと結婚。
マルゲリータ(1496年生) - 早世
フェデリーコ(1500年 - 1540年) - 1519年からフェデリーコ2世としてマントヴァ侯、1530年からマントヴァ公、1531年にマルゲリータ・デル・モンフェッラート(1510年 - 1566年)と結婚し1533年からモンフェッラート侯となった。
イッポーリタ(1501年 - 1570年) - 尼
エルコレ(1505年11月22日 - 1563年3月2日) - 1521年からマントヴァ司教、1527年から枢機卿、1540年から甥フランチェスコ3世の摂政を務めた。
フェッランテ1世・ゴンザーガ(1507年 - 1557年) - 1529年にフェルディナンド・ダ・モルフェッタ太子の娘イザベッラ・ダ・カプア(Isabella da Capua, † 1559年)と結婚。1539年にグアスタッラ伯、1536年から1546年までシチリア総督、1546年からミラノ総督を務めた。
リヴィア(1508年 - 1569年) - 尼僧となりパオラと名乗った。
関連項目
アンドレーア・マンテーニャ
マントヴァの領主一覧
ゴンザーガ家
外部リンク
生涯(伊語)
出典:Wikipedia
2017/05/08 23:33
ソ人気記事ランキング
2019/11/13 更新
 1位日本
 2位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 3位11月12日
 4位IT (映画)
 5位田代まさし
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant