フョードル・ドストエフスキー
▼人気記事ランキング
8.著名人への影響等
ドストエフスキーは文学者以外の著名人からも、高く評価されている作家である。

アルベルト・アインシュタイン「ドストエフスキーは、どんな思想家が与えてくれるものよりも多くのものを私に与えてくれる。ガウスよりも多くのものを与えてくれる」
ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインは、『カラマーゾフの兄弟』を50回以上も熟読したとされている(第一次世界大戦従軍時の数少ない私物の一つが『カラマーゾフの兄弟』だった)。
ジークムント・フロイトは、論文「ドストエフスキーと父親殺し」において、ドストエフスキーの小説や登場人物について研究している(フロイトが論文の表題に作家の名前を冠したことは、極めて異例なことだった)。
グスタフ・マーラーは、妻アルマによれば、ドストエフスキーの信奉者であり、つねづね「この地上に誰か一人でも苦しんでいる者がある限り、どうしてわれわれは幸せになれようか」と言っていた。
エリック・ホッファーは、『白痴』を愛読書としていた。
レオニード・ツィプキンの小説『バーデン・バーデンの夏』では、ドストエフスキーの反ユダヤ主義が扱われている[48]
[4]前ページ
(7.研究史)
[6]次ページ
(9.ドイツの反ユダヤ主義への影響)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/04/14 17:32
ソ人気記事ランキング
2019/06/20 更新
 1位日本
 2位関根苑子
 3位進撃の巨人の登場人物
 4位渋谷温泉施設爆発事故
 5位おしん
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant