サービス終了のお知らせ
ファミリーマート (企業)
▼人気記事ランキング
4.関連企業
4.3.過去にあった関連会社

かつての関係会社[編集]


アイ・ファミリーマート
松早ファミリーマート
中部ファミリーマート
北陸ファミリーマート
エムビーイージャパン
北海道ファミリーマート
株式会社ジョイアス・フーズ
FAMIMA CORPORATION.
カネ美食品株式会社(名古屋市緑区
BGFリテール(旧普光ファミリーマート)
株式会社エーエム・ピーエム・ジャパン
株式会社ココストア
ビーエスエス株式会社(東京都豊島区)
株式会社サークルケイ・ノースジャパン(青森市)
サークルケイ・ウエストジャパン株式会社(岡山市)
株式会社サークルケイ・ウエストジャパン(岡山市)
サークルケイ四国株式会社(松山市)
株式会社ドゥネクスト(東京都中央区)
株式会社エスピーティ(東京都中央区[115]
株式会社イープラット(東京都中央区)
ときめきドットコム株式会社(東京都墨田区)
シーケー東北株式会社(青森市)
株式会社ゼロネットワークス(東京都墨田区)
株式会社99イチバ(横浜市神奈川区)
株式会社リテイルスタッフ(東京都中央区)
サークルKマレーシア(マレーシア・クアラルンプール)
サークルKアジア(東京都中央区)
株式会社サンクスアンドアソシエイツ
サンクス西埼玉株式会社(所沢市)
サンクス東埼玉株式会社(さいたま市北区)
サンクス西四国株式会社(松山市)
2014年(平成26年)12月、後述のサークルケイ四国と合併を行う検討をすることを発表していたが、吸収合併されることなく2017年(平成29年)2月28日付で解散し、同社の事業は吸収分割の方法により、翌3月1日付でファミリーマートに統合された。同年7月25日付で結了して完全消滅。 サンクス青森株式会社(青森市)
株式会社サンクス・ホクリア(石川県白山市)
株式会社サンクス北関東(宇都宮市)
株式会社スタイルデザイナー(横浜市中区)
株式会社サンクスリテイルサポート総研(東京都中央区)
株式会社ビジネスサポートシステム(東京都江東区)

かつて出資していたエリアフランチャイザー[編集]


サンクスブランドにおいては、旧サンクスアンドアソシエイツとの契約により、地域の有力企業と合弁によるエリアフランチャイザーによって出店した地域が全国に点在していた。しかしながら晩年は、100%子会社のエリアフランチャイザー(現在は消滅)を除き、東海地方の三遠地域(愛知県三河地区 - 静岡県遠州地区)に残すのみとなっていたが、2016年(平成28年)8月に事業を吸収分割方式によりサークルKサンクスに譲渡されたことにより、合弁によるエリアフランチャイザー企業は消滅した。なお、サークルKは、旧サークルケイジャパンと吸収したエリアフランチャイズ会社によって出店が進んだことから、同じ県もしくは同一地域でもサークルKはサークルKサンクス本体と関連会社、サンクスは各エリアフランチャイザーの運営となっている場合があった。サンクスの店舗数は、シーアンドエスの傘下入り直後からサークルKの店舗数を上回っていたが[120]、相次ぐエリアフランチャイザーの離脱により店舗数を減らし、ファミリーマートとの統合直前は逆転していた。サンクスアンドアソシエイツ時代までに契約解除したエリアフランチャイザーはサンクス (コンビニエンスストア)#エリアフランチャイザーを参照。

栄興サンクス株式会社(北海道釧路市)
サンクス京阪奈株式会社(奈良市)
サンクス東海株式会社(愛知県豊橋市
株式会社シー・ヴイ・エス・ベイエリア(千葉市美浜区)
株式会社サンクスアンドアソシエイツ東四国(高松市)
株式会社サンクスアンドアソシエイツ富山(富山市)
株式会社サンクスアンドアソシエイツ栃木(宇都宮市)
南九州サンクス株式会社(鹿児島市)

かつて契約していた主なフランチャイジー[編集]


北海道キヨスク株式会社(札幌市中央区)
[4]前ページ
(4.2.特筆されるフランチャイジー)
[6]次ページ
(5.広報活動)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/09 19:39
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant