サービス終了のお知らせ
ファミリーマート
▼人気記事ランキング
6.店舗
6.4.特徴のある店舗

教育機関[編集]


産学連携を行っている店舗について記す。

宇短附店(栃木県宇都宮市) - 宇都宮短期大学附属中学校・高等学校キャンパス内。購買部の役割を担っているほか、高校情報商業科のインターンシップで流通業務の学習にも役立てている。
関西大学店(大阪府吹田市) - 千里山キャンパス敷地内。
名古屋大学店(愛知県名古屋市千種区) - 東山キャンパス敷地内。全国で初の試みとなるCVSと国立大学の産学連携研究の一環。店内に研究発表用の「マルチスタディールーム」を備える。ファミリーマートの社員が講師として講義を行うことも予定。

交通機関[編集]


出店形態として特徴のあるもののみ記す。

関空国際貨物地区店(大阪府泉南市) - 関西国際空港保安区域内への一時立入手続が必要。またその手続きの都合上身分証明書が必須。貨物自動車ドライバーのためにシャワー室を完備している。
京成八千代台駅店(千葉県八千代市) - am/pmからの転換店舗と駅売店からの転換店舗が並立する事例。京成電鉄の駅売店「MINI SHOP」からファミリーマートへの転換第一弾店舗[95]として八千代台駅改札外に開店した店舗であるが、同駅改札内にはam/pmから転換した京成八千代台駅構内店も営業中である。このような事例は京成電鉄のほか東武鉄道などにもある。
バスタ新宿店(東京都渋谷区) - 店舗周辺の敷地も含めて、全て国道20号線の上にある[96]
みなとみらい駅店(神奈川県横浜市西区) - 横浜高速鉄道みなとみらい駅内地下1階。インターネットカフェが併設されている。
新幹線博多駅店(福岡県福岡市博多区) - 博多駅新幹線コンコース内。JR西日本が新幹線コンコースの全体を管理しているが、一部の新幹線ホームの土地の地権者がJR九州部分地上権が生じるため、JR西日本系のジェイアールサービスネット福岡ではなくJR九州系のJR九州リテールが運営する[注 12]。なお、博多駅の新幹線コンコース内には、サービスネット福岡が運営するセブン-イレブンハート・インも存在する。
銘品蔵新幹線ホーム店(福岡県福岡市博多区) - 同上(新幹線博多駅店のサテライト店)。土産物や駅弁も取り扱う。
これらと似た事例に、JR東日本新橋駅の総武・横須賀線コンコースに出店しているベルマートJR東海系)がある。こちらも地権者の関係での出店。
名古屋鉄道 - ファミリーマートと共同で駅ナカ業態「ファミリーマート エスタシオ」を運営。店名はスペイン語で「駅」を意味する「estacion」から。
セントレアホテルプラザ店(愛知県常滑市) - 中部国際空港アクセスプラザ内。旧サンクス店(サークルKサンクス)を改装。名古屋鉄道と共同で行っている駅ナカ業態「ファミリーマート エスタシオ」の1号店。運営は名鉄産業[97]
名鉄バスセンター店(愛知県名古屋市中村区) - 名鉄バスセンター3階。エスタシオの店舗として開店し、一般医薬品や名古屋土産を取り扱う。
名鉄名古屋駅上りホーム店(愛知県名古屋市中村区) - 名鉄名古屋駅4番ホーム。
これら以外にも名鉄産業と提携して、従来のサンコスから一部店舗をファミリーマート エスタシオへ転換している。
大阪市営地下鉄 - 大阪メトロサービスとの提携により、中央線を含む南エリアの駅構内(改札内、改札外含めて)での「エキファミ」と、北エリアの新大阪駅(改札口工事のため閉店済)に構内売店として出店しているが、2017年度の主要駅の売店の運営事業者入札でローソンが落札したため、2016年8月をもって全て閉鎖した。
近畿日本鉄道 - 「近鉄エキファミ」として、各駅構内(改札内・改札外、構内売店タイプ含む)に出店している。鶴橋駅の鶴橋駅1番ホーム東店は日本で一番小さなファミマ店(店舗面積約4.07m2[98]
鈴鹿市駅店など一部の店舗では、従業員が駅の改札業務を兼務する事例もある[99]
横浜市営地下鉄 - 「はまりんコンビニ」と呼ばれており、店舗名称を「はまりん○○駅」としている。看板には横浜市交通局マスコットキャラクター「はまりん」が、看板に表記される店名の前には電車の絵文字が書かれている。一般財団法人横浜市交通局協力会が経営。
仙台市営地下鉄 - 一部の駅に構内売店として出店している。
神戸市営地下鉄 一部の駅に構内売店として出店している。以前はサークルK(サークルKサンクス)であったものを転換した。
イースタンドリーム号店 - 境港東海港ウラジオストク港を結ぶ国際航路のDBSクルーズフェリー「イースタンドリーム号」の内店舗。韓国の現地法人が運営。その後、船会社運営の売店に変更された。

官公庁内店舗[編集]


県庁・役所
文京シビックセンター店(東京都文京区) - 文京区役所1階。
大分市役所店(大分県大分市) - 大分市役所内に店舗がある。市役所内店舗としては初の出店。2006年4月開店。
秦野市役所前店(神奈川県秦野市) - 秦野市役所の敷地内に店舗がある。秦野市観光協会事務所を併設。秦野市役所の公的サービス(住民票の写し・印鑑登録証明書の交付等)も行う。
豊田市役所店(愛知県豊田市) - 豊田市役所東庁舎2階。
岐阜県庁店(岐阜県岐阜市) - 岐阜県庁1階。
大阪市役所店(大阪府大阪市北区) - 大阪市役所庁舎内地下2階。関西私鉄・地下鉄のICカードPiTaPaでの決済に対応。
和歌山市役所店(和歌山県和歌山市) - 和歌山市役所本庁舎1階。
佐賀県庁店(佐賀県佐賀市) - 佐賀県庁新行政棟地下1階。「ご当地名産品コーナー」を設置して、「白玉饅頭」や「小城羊羹」などの佐賀県銘菓や、「嬉野茶」や「有明産佐賀のり」などの特産品も販売。また、佐賀県観光パンフレットなどの行政情報誌の設置に協力。2009年7月29日開店。
信州朝日村店(長野県東筑摩郡朝日村) - 2018年8月1日開店。朝日村役場の庁舎敷地内にあり、初の役場内の店舗となる。村内では初めてかつ唯一のコンビニエンスストアで、朝日村と松本ハイランド農業協同組合との提携による[100]
軍事基地内店舗
陸上自衛隊真駒内駐屯地店(北海道札幌市南区)- 陸上自衛隊真駒内駐屯地内。
航空自衛隊入間基地店(埼玉県狭山市)- 航空自衛隊入間基地内。
朝霞駐屯地店(東京都練馬区) - 陸上自衛隊朝霞駐屯地内。
航空自衛隊浜松基地店(静岡県浜松市西区)- 航空自衛隊浜松基地内。
アイランドビュー店(沖縄県那覇市) - 航空自衛隊那覇基地内。
その他
東京高等裁判所内店(東京都千代田区) - 東京高等裁判所の地下にある。書籍・雑誌・新聞を除くほとんどの商品が5%割引になっている。
大阪府警察本部店(大阪府大阪市中央区) - 大阪府警察本部庁舎地下1階(管制区域内)に店舗があり、大阪府警察関係者以外は利用できない。このことから、大阪府職員の警察職及び警察官の新卒採用説明会などでは日本一安全なコンビニであると紹介されている。
福岡検察庁店(福岡県福岡市) - 福岡地方検察庁の中にある。JR九州リテールが運営。

港湾・市場内店舗[編集]


港湾内店舗
ポートストアが存在する。詳細はファミリーマート (企業)#特筆されるフランチャイジーを参照。

市場内店舗
広島中央市場店(広島県広島市西区) - 卸売市場内では初の店舗で、広島中央市場内の正門側(もみじ銀行中央市場支店隣)にある。
大阪府中央卸売市場店(大阪府茨木市) - 大阪府中央卸売市場内。

企業内店舗[編集]


企業内売店として出店した店舗。多くの店舗では店舗検索の対象となっていない他、一般客の利用が制限されている店舗が多い。

日和サービス日立事業所海上店(茨城県日立市) - 日立製作所に勤務する社員・関係者向け福利厚生施設(売店)として、日立事業所海岸工場敷地内に店舗がある(関係者以外利用不可)。日和サービス(日立グループ)が運営。
日和サービス大みか事業所店(茨城県日立市) - 日立製作所インフラシステム社大みか事業所敷地内に店舗がある(関係者以外利用不可)。日和サービス(日立グループ)が運営。
日和サービス日立ハイテク店(茨城県ひたちなか市) - 日製那珂工場敷地内に店舗がある(関係者以外利用不可)。日和サービス(日立グループ)が運営。
銀座三越店(東京都中央区) - 銀座三越の地下4階の従業員休憩室にある(関係者以外利用不可)。
汐留メディアタワー店(東京都港区) - 共同通信社ビル内地下2階に店舗がある。(一般客の利用も可能)
日テレタワー店(東京都港区) - 日本テレビ汐留社屋内16階に店舗がある(関係者以外利用不可)。
横河電機店(東京都武蔵野市) - 横河電機本社構内に店舗がある。独自運営していた売店を転換して開店(関係者以外利用不可)。
日産自動車NTC店(神奈川県厚木市) - 日産自動車テクニカルセンタ内にある(関係者以外利用不可)。
日産自動車NATC店(神奈川県厚木市) - 日産自動車先進技術開発センタ内にある(関係者以外利用不可)。
松坂屋名古屋店(名古屋市中区) - 松坂屋本館2階の従業員休憩室横にある(関係者以外利用不可)。2010年6月開店。
川重兵庫工場店(兵庫県神戸市) - 川崎重工業株式会社兵庫工場内。兵庫県内のCVSで初めての工場内への出店。(関係者以外利用不可)
常石店(広島県福山市) - 大規模造船工場内では初の店舗。常石造船常石工場敷地内に本店、第2工場1階食堂にサテライト店がある(一般客も利用可)。サテライト店ではヘルメット・保護メガネ・作業靴といった作業用品の販売も行っている。ツネイシホールディングス傘下のツネイシCバリューズが運営。
今治造船広島工場店(広島県三原市) - 幸陽船渠に勤務する社員・関係者向け福利厚生施設(売店)として、本社工場敷地内に店舗がある(関係者以外利用不可)。ヘルメット・保護メガネ・作業靴といった作業用品の販売も行っている。アポロ(幸陽船渠系)が運営。
今治造船西条工場店(愛媛県西条市) - 今治造船に勤務する社員・関係者向け福利厚生施設(売店)として、社員寮敷地内に店舗がある。今造関係者向けの連絡掲示板があるほか、ヘルメット・保護メガネ・作業靴といった作業用品の販売も行っている(一般客も利用可)[注 13]
イオンモール和歌山店(和歌山県和歌山市) - イオンモール店舗内の従業員用店舗(関係者以外利用不可)
イオンモール岡山店(岡山県岡山市) - イオンモール店舗内の従業員用店舗(関係者以外利用不可)
イオンモール沖縄ライカム店(沖縄県北中城村) - イオンモール沖縄ライカム内に従業員専用のサテライト店と、一般客が利用できる店舗の2つが存在している。イオンモール内の出店は3店舗目だが、一般客が利用できるイオンモール内のファミリーマート店舗としては初となる。
ファミマ!!グランフロント大阪店 - グランフロント大阪南館9階にある。セキュリティゲート内にありオフィス従業員以外は利用不可。
吉本興業東京本社店(東京都新宿区) - 吉本興業東京本社ビル(旧新宿区立四谷第五小学校)内に店舗がある(関係者以外利用不可)[101]

その他店舗[編集]


入曽店(埼玉県狭山市) - ファミリーマート1号店として現存。開店当時の店名は「狭山店」だった。所在地は狭山市水野月見野434-19[102]
楢葉町上繁岡店(福島県双葉郡楢葉町) - 2015年1月30日開店。福島第一原子力発電所事故による避難指示解除準備区域内で事故により休止された店舗を再開。避難指示解除準備区域内のコンビニとしては初の24時間営業を行っている。[103]
ユニヴェルシオール学園の丘店(東京都町田市) - 大型マンション「ユニヴェルシオール学園の丘」エントランス内に設けられた居住者専用店舗で、am/pmから転換。店舗検索不可。2016年9月22日閉店。
金剛山温井閣休憩所店、金剛ビレッジ店 - 朝鮮民主主義人民共和国金剛山観光地区にあった店舗。韓国の現地法人普光ファミリーマートにより設置された。金剛山観光客と現地で働く南側住民職員向け。店内はすべて米ドル表示で、米ドルのみ使用可能。現在、南側からの金剛山観光中止のため原則として利用できない。
愛媛県庁前店(愛媛県松山市) - 景観を損なわないために看板を白色にしている。
レトロ門司港駅前店(福岡県北九州市門司区) - 1927年(昭和2年)竣工の「門司郵船ビル」(門司港駅前)に入居。門司港レトロ地区の景観を損なわないため、店舗の看板などを通常のファミマカラー(緑と青)ではなく、白色と茶色にしている。
武雄温泉駅前通り店(佐賀県武雄市) - 2012年8月1日開店。武雄市景観条例に基づいて景観を損なわないために勾配屋根に茶色の瓦を使用し、外壁にもこげ茶色の縦板目ボードを使用。店舗の看板なども通常のファミマカラー(緑と青)ではなくセピア色とし、ポール看板の緑と青のラインもトーンを落とした落ち着いた色に変更している。
桜島店(鹿児島県鹿児島市) - 桜島の景観を損なわないため、店舗看板などを通常のファミマカラー(緑と青)ではなく、白色と茶色にしている。2007年12月7日より鹿児島銀行ATMが併設された。
平泉南店(岩手県西磐井郡平泉町) - 元リトルスターの店舗。一般的なファミマ同様のデザインの看板ながら看板の色が白と緑で、緑の部分は通常の店舗よりも濃い緑が使われている。
愛・地球博店(愛知県長久手市) - 愛知万博長久手会場の敷地内のグローバル・コモン1にあった。期間限定店舗。
新潟川岸町二丁目店(新潟県新潟市中央区) - 2009年8月22日開店。隣接区画に新潟放送の本社・スタジオがあるため店内に「BSNグッズショップ」を併設、同社のキャラクターや番組のグッズなどが陳列されていた。2015年閉店。
ナゴヤドーム前店(名古屋市東区) - サークルKからの転換店で中日ドラゴンズの本拠地であるナゴヤドームに近い事から同球団のマスコットのイラスト等が店内に描かれてる応援店舗となっている。
原宿竹下口店(東京都渋谷区) - サンリオコラボした店舗。ハローキティの大きな人形や限定商品が多数ある。
ファミリーマート×Izumiya(大阪府)- イズミヤとの合同店。
JA下條店[104]長野県下條村) - JAみなみ信州との協業による店舗。過疎地におけるJAの購買店舗としての性格もあり。同様の協業店舗はJA上伊那でも展開[105]
ファミリーマート+Aコープいよ店(愛媛県伊予市) - JAグループAコープ西日本が運営しているファミリーマートのフランチャイズ店。地物の生鮮食品や日配品、JAオリジナル商品(全農ブランド・エーコープマーク品)などの幅広い品揃えを兼ね備えた一体型店舗の1号店[106]。2号店、3号店として「ファミリーマート+Aコープしんじ店」と「ファミリーマート+Aコープこうぶ店」がある(いずれも島根県松江市[107][108]
パレットとっとり店(鳥取県鳥取市) - 鳥取市本通商店街振興組合が運営しているファミリーマートのフランチャイズ店。業務用スーパー跡地に出店したため、地物の生鮮食品も取り扱っている[109][110]
弘前アプリーズ店(青森県弘前市) - 弘前駅ビルアプリーズ1階にあるサンクスからの転換店。立地場所の関係で、地元土産を24時間販売している。外側からは24時間利用可能だが、駅ビル内からは10時から20時の間しか利用できない。
宮崎橘通店(宮崎県宮崎市)- 2015年11月25日開店。宮崎銀行橘通支店内にある店舗。宮崎銀行橘通支店へはエレベーター、エスカレーター、階段を利用し行き来できるようになっている。
花水レストハウス店(神奈川県平塚市) - 元は海水浴場の休憩施設だったが、老朽化したためにコンビニに改装した建物。所有する神奈川県観光協会が運営をファミマに委託する形を取ったため、看板の文字はファミマ通常デザインに「花水レストハウス 運営・Family Mart」と記されている。箱根駅伝の「平塚中継所」でもある。店舗検索不可。2012年3月31日をもってレストハウスの運営を終了すると神奈川県から発表された[111]
神保町店(東京都千代田区) - 店内に卓球ホールを併設していた(閉店)。
蒲田南口駅前店(東京都大田区) - 2014年4月17日開店。「ファミリーマート+カラオケDAM蒲田南口駅前店」として、カラオケルームを併設。
南港東一丁目店(大阪府大阪市住之江区) - エネクスフリートが運営するガソリンスタンドカーエネクス/エネクスフリート大阪南港SS)内。ドライバーのためにシャワー室を完備している。
香椎パークポート店(福岡県福岡市東区) - エネクスフリートが運営するガソリンスタンド(ENEOS/エネクスフリート香椎パークポートSS)内。ドライバーのためにコインランドリー・浴室を完備している。
大塚一丁目店(東京都文京区) - 衣料店を併設。
天文館通り店(鹿児島県鹿児島市) - ベーカリーファミマ(Bakery Famima)として焼きたてパンを販売をしていた。2009年6月閉店。
FamilyMart + ミヤモトドラッグ - 宮本薬局(本社:東京都板橋区成増[112]が運営するドラッグストア一体型の店舗。宮本薬局のホームページでは4号店まで展開したとの記載があるが、現存するのは3店舗となっている。
ミヤモトドラッグ南池袋店(東京都豊島区) - 24時間営業、医薬品販売時間も24時間体制。「FamilyMart + ミヤモトドラッグ」1号店・2号店のどちらかは不明。
ミヤモトドラッグ御成門店(東京都港区) - 「FamilyMart + ミヤモトドラッグ」3号店。24時間営業、医薬品販売時間帯は7時〜22時。
ミヤモトドラッグ北千束店(東京都大田区) - 「FamilyMart + ミヤモトドラッグ」4号店。24時間営業、医薬品販売時間帯は7時〜22時(7時〜19時に変更になる場合あり)。
未来フレンドリードラッグ愛宕店(東京都港区) - ドラッグストア併設店舗。営業時間が7時〜23時となっている時短店。
[4]前ページ
(6.3.店舗形態)
[6]次ページ
(7.海外の店舗)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/08 01:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant