サービス終了のお知らせ
ファンファーレ
▼人気記事ランキング
2.演奏
2.2.スポーツにおける演奏

公営競技[編集]


日本の公営競技競馬競輪競艇オートレース)では、各競走の発走に先立って演奏が行われる。大半は予めテープやmp3形式などで収録されたものの演奏となるが、中央競馬の一部競走(例:日本ダービー有馬記念などのGI級レース、あるいはローカル開催の主要重賞)では生演奏が行われる。また、大井競馬場ではトゥインクルレース(ナイター競馬)開催中毎日、ファンファーレ・トランペットでの生演奏が行われる(詳しくは「ファンファーレ (競馬)」を参照)。
なお、中央競馬にはファンファーレという名の競走馬が登録されている。[1]

野球[編集]


日本のプロ野球の応援では、選手が打席に入った後に通常の応援歌演奏の前に1度だけ、トランペットで演奏される曲のことをファンファーレという。

高校野球でもファンファーレが使用されており、よく知られているものに天理高等学校吹奏楽部の『天理ファンファーレ』(1960年代)がある。リチャード・ボウルズ(Richard Bowles)が作曲した吹奏楽曲『マクシンカッキー序曲』(Maxinkuckee Overture)の一部を基にした天理高等学校のオリジナル曲であったが、現在では『アフリカン・シンフォニー』(1974年 智弁学園和歌山高等学校ではアフリカンマーチ)と並んで高校野球では人気の高い応援曲である。

[4]前ページ
(2.1.使用楽器)
[6]次ページ
(3.主なファンファーレ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/19 16:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant