サービス終了のお知らせ
ピッツバーグ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ピッツバーグPittsburgh)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州南西部に位置する都市。アリゲニー台地上、アレゲニー川モノンガヒラ川が合流し、オハイオ川の起点となっている地点を中心に広がっている。
ダウンタウンはその合流点近く、アレゲニー川とモノンガヘヒラ川に挟まれた地帯に広がり、ゴールデン・トライアングルGolden Triangle)と呼ばれている。市域人口は305,704人(2010年国勢調査)。アレゲニー郡を中心に7郡にまたがるピッツバーグ都市圏は2,356,285人(2010年国勢調査)の人口を抱えている[2]
ピッツバーグという地名は、フレンチ・インディアン戦争の際にこの地に建てられていたフランス軍のデュケイン砦に進攻し、フランス軍を撤退に追い込んだイギリス軍のジョン・フォーブズ将軍が、ウィリアム・ピット(大ピット)にちなんで1758年につけたものであった[3][4]アメリカ独立戦争中、フィラデルフィアよりも西へ届いた合法の郵便路線は、このピッツバーグを通るものだけであった[5]1794年に正式な町となり、1816年に市制を施行した[6]。市旗・市章は市の発足までにペンシルベニア・ダッチが流入し影響力をもったことを示唆している。
地元のNFLチーム「スティーラーズ」の名にも見られるように、かつては鉄鋼生産の中心地として栄えた。1970年代にオイルショック、1980年代中盤に安価な輸入鉄鋼が、それぞれ地域の鉄鋼業を衰退させた。メロン財閥ロックフェラー家は鉄鋼業に見切りをつけ、地域のハイテク産業・保健・教育・金融に投資をした。
欧州とのつきあいが長いピッツバーグは学術都市でもある。カーネギーメロン大学デュケイン大学ピッツバーグ大学など、多数の大学が市内および都市圏内にキャンパスを置く。カーネギーメロン大学とピッツバーグ大学がキャンパスを置いているオークランド地区は、高等教育・研究機関や文化施設が特に集中している。
目次
1.歴史
├1.1.初期
├1.2.産業の発展
├1.3.マシーン政治と市政改革
└1.4.衰退と再生
2.地理
├2.1.地形
├2.2.気候
├2.3.都市概観
└2.4.建築物
3.政治
4.経済
5.交通
6.教育
├6.1.高等教育
├6.2.初等・中等教育
└6.3.図書館
7.文化
├7.1.演技芸術
├7.2.美術館・博物館
├7.3.スポーツ
└7.4.公園とレクリエーション
8.人口動態
├8.1.都市圏人口
└8.2.市域人口推移
9.姉妹都市
10.
11.参考文献
12.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/02/14 00:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant