ピッツバーグ大学
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ピッツバーグ大学University of Pittsburgh)はアメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ市にある大学である。西ペンシルベニアでは、"Pitt" という愛称で呼ばれている。1787年にピッツバーグアカデミーにより創設され、1908年にオークランド地区に移設をすると供に現名に至り、私立大学でありながら指定公的研究大学として州大学としての側面も持つ。
本校はピッツバーグの都市部に位置し、28,766人の学生(学部生、院生、研究者)が各研究施設で学び、大聖堂(Cathedral of Learning)やピッツバーグ医療センター(UPMC)は全米でも名所となっている。、他にもブラッドフォード校、グリーンバーグ校、ジョンズタウン校、ティトゥスビル校にもキャンパスが併設されている。
周囲には、カーネギーメロン大学、シェンリーパーク、博物館、美術館が多数あり、「治安が良く住みやすい街」としても評価が高く、医学部を有するUPMC(University of Pittsburgh Medical Center) は、アメリカ国立衛生研究所などから研究支援を受け、世界ランキング上位に入るなど世界的に有名で、世界中から医師が集まる「病院の街」でもある。医療業界ではハーバードに並ぶ有名大学で名門校の一つ。
目次
1.キャンパス
2.歴史
3.医療実績
4.UPMC外観
5.主な出身者
6.脚注
7.関連項目
8.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/08/14 15:30
ソ人気記事ランキング
2019/08/24 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位山本美香
 5位文京区幼女殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant