ピジン言語
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ピジン言語(ピジンげんご、Pidgin language、または単にPidgin)とは、現地語を話す現地人と、貿易商人など現地語を話せず外国語を話す人々との間で異言語間の意思疎通のために互換性のある代替単語で自然に作られた接触言語。共通言語をもたない複数の集団が接触して、集団間コミュニケーションの手段として形成される。
英語と現地の言語が混合した言語を「ピジン英語」といい、英語の“business”が中国語的に発音されて“pidgin”の語源となったとされている(諸説ある)。フランス語をベースにそれ以外の言語と混成したものは、「ピジンフランス語」。
例えば、“Long time no see.”(「お久しぶり」)は明らかに英語の構造を持っていないが、それなりに意味が伝わる(中国語の很(very) 久(long time) 不(not) 見(see)から来たとされる説もしくはインディアン・ピジンAmerican Indian Pidgin Englishの一例)ので多用されている。
目次
1.特徴
2.ピジン言語の例
├2.1.ピジン英語の例
├2.2.ピジン日本語の例
└2.3.ピジン中国語の例
3.ピジン言語のクレオール化
4.脚注
5.参考文献
6.関連項目
出典:Wikipedia
2019/09/24 16:00
ソ人気記事ランキング
2019/10/19 更新
 1位日本
 2位徳勝仁
 3位令和元年台風第19号
 4位10月18日
 5位ブルガリア難民射殺事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant