ピルトダウン人
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ピルトダウン人(ピルトダウンじん、英語名:Piltdown Man)は、近代科学史上で最大のいかさまとして知られる、捏造された化石人類。「ピルトウン人」と表記されることもまれにあるが、townではないため正しくない。20世紀初頭のイギリスイースト・サセックス州アックフィールド(Uckfield)近郊のピルトダウンにて「発見」され、20世紀の前半期の古人類学研究に多大な悪影響を与え、迷走させた。
当時の学名Eoanthropus dawsoni (エオアントロプス・ドーソニ。「ドーソンの、夜明けの人」の意)。日本語では第一発見者の名から「ドーソン原人」、属名 Eoanthropus 漢訳で「曙人」などとも呼ばれた。
目次
1.経緯
├1.1.発見と研究
├1.2.フッ素法
└1.3.捏造の発覚
2.犯人は誰か
3.類似した事例・人物
4.脚注
5.参考文献
6.関連項目
7.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/09/14 11:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/22 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位菊池桃子
 4位新潟少女監禁事件
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant