ピリッポス2世
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ピリッポス2世古代ギリシア語: Φ?λιππο? Β'紀元前382年 - 紀元前336年)は、アルゲアス朝マケドニア王国バシレウスである(在位紀元前359年 - 紀元前336年)。フィリッポス2世とも表記される。アミュンタス3世の子で、アレクサンドロス2世ペルディッカス3世の弟で、先代の王アミュンタス4世(ペルディッカス3世の子)の叔父である。子としては次代のアレクサンドロス3世とそのまた次の王ピリッポス3世カラノスらがいる。
ギリシアの弱小国であったマケドニアに国政改革を施し、当時先進国であったギリシア南部の諸ポリスにも張り合える強国に成長させた。カイロネイアの戦いアテナイテーバイ連合軍を破り、コリントス同盟の盟主となってギリシアの覇権を握った。
目次
1.生涯
2.マケドニア式ファランクスの創始
3.オリュンピアとの関わり
└3.1.フィリペイオン
4.子女
5.脚注
6.参考資料
出典:Wikipedia
2019/07/28 16:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/20 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位賭博黙示録カイジ
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant