ピュドナの戦い (紀元前148年)
▼人気記事ランキング
概要
ピュドナの戦い(英:Battle of Pydna)は第四次マケドニア戦争において紀元前148年ローマと最後のマケドニア王ペルセウスの子を称したアイオリスのアドラミュティオンの支配者アンドリスコスの軍との間で戦われた戦闘である。

法務官クィントゥス・カエキリウス・メテルスに率いられたローマ軍がこの戦いの勝者となった。そして、この戦いは第四次マケドニア戦争でのローマの勝利を決定付けた。また、この戦いは軍事史においてファランクスによって戦われた最後の戦いの一つでもあった。

この勝利の功績からメテルスはマケドニアを制したという意味のマケドニクスの尊称を得た。一方、敗者のアンドリスコスはトラキアに落ち延びるも、トラキアの王子によってローマに引き渡された。

出典:Wikipedia
2019/10/18 18:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/20 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位賭博黙示録カイジ
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant