サービス終了のお知らせ
ピート・ベスト
▼人気記事ランキング
3.幻のビートルズ・メンバー
ビートルズの無名時代を知る人物であり、また下積み時代にメンバーと共に切磋琢磨し、地元の人気バンドに押し上げた功労者だが、レコードデビューを目前にして突然ビートルズを脱退した(実態は解雇)。

ビートルズはデビューシングル「ラヴ・ミー・ドゥ」のレコーディングまでこぎ着けたが、その頃には度々ギグを休むようになっていたことや、ピートはレコーディングをするだけの技量が伴っていなかったためにプロデューサージョージ・マーティンがドラマーの交代を提案、それは同時にジョン、ポール、ジョージも考えていることだった。ピートひとりだけ最後までマッシュルームカットにはせずリーゼントのままだったことからも推測できるように3人と溶け込んでいなかったことも重なり、メジャーデビュー直前でグループを解雇された。

そしてハンブルク公演で親交のあったロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズのドラマーであったリンゴ・スターがドラムを担当することになった。ただし、リンゴの加入はレコーディング直前であったことと、この加入話がメンバー主導で進められておりマーティンの与り知るところではなかったため、すでにマーティンはセッション・ドラマーのアンディ・ホワイトを手配しており、結局、アンディの演奏が公式版となった。

しかし脱退の原因・理由については未だ不明な点が多く、現在まで様々な憶測を呼んでおり、諸説がある。ビートルズのメンバー側の発言と、ピート・ベストの発言はそれぞれ以下の通りである。

[4]前ページ
(2.人柄)
[6]次ページ
(3.1.ジョン・レノンの発言)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/01 15:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant