サービス終了のお知らせ
ビビアン・スー
▼人気記事ランキング
概要
ビビアン・スーVivian Hsu徐 若?〈シュー・ルオシュエン〉、1975年3月19日 - )は、台湾出身のマルチタレント。現在は台湾日本中国を拠点に活動をしており、歌手女優だけではなく作詞活動など幅広く活動している。身長161cm[2]血液型A型[2]

略歴[編集]

1975年昭和50年)3月19日タイヤル族の母と中国人の父(広東省梅県区出身)との下に台湾の台中県豊原市で生まれる。国立台北商業専科学校附設高商補校中退。

1990年平成2年)、台湾のCTSテレビ主催「台湾美少女芸能コンテスト」でグランプリを獲得[3]。台湾の男性アイドルグループ「小虎隊」の妹分である「少女隊」[4]という3人組の女性アイドルグループの一員として、シングル『Merry Christmas (P.S.I Love You)』でデビュー。1991年、少女隊としての初のアルバム『我的心要去旅行』をリリース、さらに2枚目の『偏愛?的心』もリリースした。

1994年(平成6年)4月、映画『ビビアン・スーの恋しくて…』に、主人公が憧れるヒロイン役で出演し、香港デビュー。11月、『ビビアン・スーの天使の戯れ』に出演しラブシーンを演じる。『ビビアン・スーの天使の戯れ』の撮影終了後、フルヌード写真集『天使心』を発売。ヘアヌードを披露した。

1995年(平成7年)1月、台湾で出版した写真集『天使心』の日本版『Angel』の発売、アイドル雑誌『BOMB』への掲載によって、日本のメディアへ登場。キャッチコピーは「台湾の宮沢りえ」「台湾の裕木奈江」だった。5月、アダルト向け映画『ビビアン・スーの桃色天使』にて主演[5]。9月15日、大阪ギャラクシーホールでにて、日本では初のイベント。10月、『くちびるの神話』(テレビアニメ「バーチャファイター」のエンディングテーマ)リリース。11月、香港で『ビビアン・スーの天使と悪魔』に助演。

1996年(平成8年)、ゴールデンタイムバラエティ番組ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)のレギュラー。このウリナリで日本でのほぼ全世代の知名度を確実のものにする。1997年ウッチャンナンチャン南原清隆キャイ〜ン天野ひろゆきと「ブラックビスケッツ[6]」を結成。8月30日に、松竹シネマジャパネスク系の映画館にて『殺し屋&嘘つき娘』で日本映画初出演。

1998年(平成10年)4月、ブラックビスケッツから『タイミング〜Timing〜時機』を発売する。『オリコン』『COUNT DOWN TV』で初登場2位、出荷枚数は約200万枚の大ヒット。この年のCOUNT DOWN TV年間チャートでは第3位にランクイン。12月、第49回NHK紅白歌合戦に「ポケットビスケッツ&ブラックビスケッツスペシャルバンド」として初出場。日本レコードセールス大賞、新人ゴールド賞を受賞。

1999年(平成11年)、ブラックビスケッツの活動を停止(解散ではない)。11月、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』を降板(10月22日がレギュラー最後の出演)。表向きではブラビの試練をクリアできなかったための降板とされているが、それ以前から注目されるにつれて日本に限らず各国の仕事が多忙を極めるようになり、ウリナリ収録日だった日曜日・月曜日についても飛行機の移動が増すと日本へ戻るのが困難となったため、同年春頃よりブラビ以外のウリナリ他コーナー出演が極端に減るようになり(1998年までは顕著に出ていた単発コーナーやランキングキャラクターライブのコーナー等。週によっては他の企画やポケビに重点を当てていたため出番がないはずの週も出演していた)出番を減らしていた。さらに「ブラビとして(ウリナリレギュラーとしても)最後のレギュラー出演の収録」をしていた頃、台湾時間の同年9月21日に故郷・台湾で台湾大地震が発生。当時のブラビシングル・「Bye-Bye」の売れ行き不調(先述の通りノルマ達成ならず)やそれが原因によるブラビ急な活動停止・故郷での大災害がトリプルで重なって起こってしまったことが日本での露出激減をした最大の理由とされている。その後、ウリナリに関しては後述の通り、2回ゲスト扱いで出演しただけだった。

それらの事情もあり以降、ウリナリ以外の日本のレギュラー出演番組も引き続き持ちながら(ゲスト出演含む)も主要な活動拠点を台湾に移す[7]。2000年、ウリナリ発のインド映画ナトゥゲスト出演のため、1年ぶりに一時的にウリナリへ復帰する(ただし、ゲスト扱いなのでナトゥ関連コーナーのみ出演)。2001年、佐久間正英を中心に土屋昌巳ミック・カーン屋敷豪太と「The d.e.p」を結成、ヴォーカルを担当する。5月9日、「The d.e.p」からアルバム『地球的病気』を発売。2002年3月、最終回のウリナリ祭りで、ブラックビスケッツが特別復活し、ビビアンもゲスト出演として復帰(ただし、ゲスト扱いなのでブラビライブ終了後の他コーナー出演なし)。ブラビの楽曲4曲すべてを熱唱した。8 - 10月、PCオンラインゲーム『エターナルカオス』のイメージガールを務める。

2003年(平成15年)、元SIAM SHADE遠藤一馬とVivian or Kazumaとして毎日放送TBS系TVアニメ『機動戦士ガンダムSEED』のオープニング曲を歌う。作中では、声優としてアイシャの声を当てたが、後に放送された特別編では同キャラクターの声は平野文に差し替えられている。2004年、日本での所属事務所をスカイコーポレーションの子会社であるスカイプランニングから吉本興業へ移籍。韓国のマネジメントはAGCが担当。

2006年(平成18年)2月、持病の外反母趾が悪化し、主演映画『靴に恋する人魚』の台湾上映PR直後に台湾の病院に入院、5時間の手術を済ませ、療養しながら仕事復帰。7月、『靴に恋する人魚』公開前プロモーションのため来日。また、療養中に作詞活動を行う。9月、新アルバム『Vivi and...』を台湾で発売。香港、シンガポール、マレーシアの各国をプロモーションで廻った。

2007年(平成19年)1月下旬、主演ドラマ『天使の約束』が日本で放送される。2月から約2か月間アメリカに留学し、英語、歌やダンスなどを学ぶ。3月15日、台湾の台北市で開かれた下着メーカーのモードマリエのファッションショーに出演し「前はBカップだったけど、今はCカップに成長した」と述べる。8月、華誼兄弟とワーナーミュージックに移籍する。9月13日、台北でのイベントに出席した際、顔面麻痺であることを認める。10月、第20回東京国際映画祭協賛企画・2007東京・中国映画週間オープニング映画として上映された『雲水謡』に出演[8]

2008年(平成20年)2月、旧正月(2月7日)前あたりから父親の看病に専念するために一時的に休業するが、3月に復帰する。4月、中国各地を代表する100人の1人として、オリンピック100日記念イベントの主題歌『北京歓迎?』を歌う。5月、張惠妹の応援で林志玲(リン・チーリン)と共に来日。

2009年(平成21年)3月20日沖縄国際映画祭にて中国映画『狙った恋の落とし方。』(映画祭邦題:If You Are The One)の舞台あいさつをするために来日、秋以降に日本語のCDを発売すると発表[9]

2010年(平成22年)、テレビアニメ『くるねこ』のテーマソングをきっかけに日本での活動を本格的に再開する事が決定[10]。また、ピーター・ホーと共に上海万博のテーマソング『微笑??好』を歌う。

同年10月、第23回東京国際映画祭で、中国代表団が台湾代表団に対し「中国台湾」の名称を使用せよと要求し、台湾側がこれを拒んだ台湾表記問題が起きたために開幕式に出る事が出来ず、「私達がどんなに頑張ってもどうにもならない」と悔し涙を流した。

2015年(平成27年)8月13日シンガポールで第1子男児を出産。妊娠3ヶ月ころにウィルス性腸炎を発症緊急入院し143日間寝たきりとなっていたが、胎児の体重が2kgまで育つのを待ち帝王切開で出産した[11][12]

学歴[編集]

台中市立健行国民小学卒業(Taichung JianXing Elementary School)
新北市立樹林高級中学卒業(New Taipei Municipal Shu-Lin High School)
国立台北商業専科学校附設高商補校中退(National Taipei College Of Business)

人物[編集]

特技はスポーツ全般、特にボウリングの最高得点は256点。好物は、抹茶アイスクリームしゃぶしゃぶ。好きな言葉は「努力」。目標は、誰からも愛される歌手、女優になること、台湾の家族に家を買ってあげること[13]北京語台湾語広東語英語韓国語日本語を話す。

ビビアンにとって、大好きだった祖母との会話は日本語だった。祖母は北京語があまり得意ではなく、話せる言葉はタイヤル語と日本語だけと語っている。また、香港出身のタレントチューヤンと遭遇した際もお互い北京語が苦手で日本語で会話していた。

来日後は、歌手活動や日本語の未熟さからキワモノ系の外国人タレント扱いでバラエティ番組に引っ張りだことなる。日本在住当時は東京都神田に住んでいたとコメントしている(ウリナリにおいてビビアン本人が発言していたが、ネタの可能性もあり、真偽は不明である[14])。その天真爛漫で天然ボケのキャラクターゆえに南原清隆からは「お前のボケはウド(鈴木)を超えてるな」と評された。1999年から2002年頃まで、LUNA SEAギタリストSUGIZOとの交際が報じられたことがあった。

日本での活動期間中も何度か台湾での仕事のためにレギュラー番組を休むことがあったが、1999年以降は主な活動拠点を台湾に移行(ただし、前述のとおり、ウリナリ以外のレギュラー番組とゲスト出演は継続)。その後も、千秋などとは連絡をとっていた。2010年より本格的に日本での活動を再開。

過去多くの男性との交際が報道されたが、いずれも年下ばかりであるため台湾自由時報3月21日版で「年下好き(姉姉愛弟弟)」と報道された。

スキューバダイビング関連会社PADIジャパンのイメージキャラクターとして、プロフェッショナルモデルダイバーを務めたこともある。

母・姉・弟共に日本への留学経験が有り、弟は2007年まで留学していた。

モーニング娘。保田圭は親友で、度々お互いのブログに登場する。

2014年2月、シンガポールの大手海運業zh:馬可波羅海業の二代目CEOである李云峰(Sean Lee)[15]と入籍したことを発表。同年6月にバリ島で結婚式を挙げ、林心如や保田圭ら、招待客に祝福された。その後、台湾でも式を挙げたという。

2015年8月、シンガポールの病院で男児を出産。病気のため妊娠32週で帝王切開をしての出産となった。

出演[編集]

テレビ[編集]

バラエティ番組[編集]


森田一義アワー 笑っていいとも!
ウッチャンナンチャンのウリナリ!!
とんねるずの本汁でしょう!!(フジテレビ系)
優香&ビビアンのムチャ修行!中京テレビ制作、日本テレビ系)
高田・久本・ビビアン 最強の料理人を探せ!!(中京テレビ制作、日本テレビ系)
DAIBAッテキ!!(フジテレビ系)
THE夜もヒッパレ(日本テレビ系)
さんま・所のオシャベリの殿堂(日本テレビ系)
大マジカル頭脳パワー!! あなたは超クイズに必ず3回ひっかかるぞスペシャル!!(1999年1月7日、絶好調チームとして出演 日本テレビ系)
スーパークイズスペシャル(ウリナリチームとして出演 日本テレビ系)
学校へ行こう!(TBS系)
PON!(2010年8月30日、日本テレビ)
DON!(2010年8月31日、日本テレビ)
歌の楽園(2011年3月6日、テレビ東京)

ドラマ[編集]


Missダイヤモンド(1995年、テレビ朝日系) - 佐伯リミ
東京23区の女(1996年、フジテレビ系) - 第1回「港区の女」
セミダブル(1999年、フジテレビ系) - 神田蘭蘭
バカヤロー!2000 ニッポン人の怒りが爆発する!!(2000年、日本テレビ系)
雨に眠れ(2000年、TBS系) - 李安安
史上最悪のデート(2000年、日本テレビ系) - デートクイーン
本家のヨメ(2001年、日本テレビ系、共演:岩下志麻) - 山田のぞみ
Love Storm〜狂愛龍捲風〜(2003年、台湾、共演:F4周渝民朱孝天) - 趙家樂
天使の約束(2006年、中国、共演:胡歌)
恋愛兵法(2007年、中国、共演:韓国俳優キム・ジョンフン
金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件(2013年、日本テレビ系) - リュウ・アイビー

アニメ[編集]


機動戦士ガンダムSEED(2002年,2012年、アイシャ)

ゲーム[編集]


機動戦士ガンダムSEED 連合vs.Z.A.F.T.(2005年、アイシャ)

吹き替え[編集]


マーヴェリック - インディアンの少女役 ※金曜ロードショー
■CM
トヨタイプサム
エースコック 「ラーメンの鉄人」「うどんの鉄人」「そばの鉄人」
アビバ加藤茶と共演) (1997年)
千寿製薬 「マイティアCL」(1998年)
大塚ベバレジマッチ」(1998年 - 2000年)
任天堂マリオパーティ2」(1999年)
セガトイズ 「プーチ」(2000年)
ピザーラ
DDIポケット電話
ウテナ化粧品 「プロカリテ」
ファブリカコミュニケーションズ(2005年)
ダイキン 「うるるとさらら」(2000年)
資生堂プラウディア」(2002年)
スリムビューティハウス(2010年)
花王エッセンシャル」(2010年 -)

映画[編集]

ビビアン・スーの恋しくて…(1993年、香港・台湾)
ビビアン・スーの桃色天使(1994年、台湾)
ビビアン・スーの天使の戯れ(1994年、台湾)
ビビアン・スーの天使と悪魔(1995年、台湾)
ビビアン・スーのパイレーツの逆襲(1996年、香港)
ビビアン・スーのロマンシング・ドラゴン(1996年、香港・台湾)
ビビアン・スー&スーチーin恋する季節(1997年、香港)
殺し屋&嘘つき娘(1997年、日本)
君を見つけた25時(1998年、香港)
ナトゥ 踊る!ニンジャ伝説(2000年、日本・インド)
アクシデンタル・スパイ(2001年、香港)
一輪明月 弘一大師の生涯(2005年、中国)
靴に恋する人魚(2006年、台湾)
雲水謡(2006年、中国)2007東京・中国映画週間で上映
茶舞(2006年、中国)
背着?跳舞 (2008年、中国)
狙った恋の落とし方。 (2008年、中国)
少年星海(2009年、中国)
コンシェンス/裏切りの炎(2010年、中国)
ホット・サマー・デイズ(2010年、中国)
ジュリエット(2010年、台湾)第23回東京国際映画祭で上映
セデック・バレ 第一部 太陽旗/第二部 虹の橋(2011年、台湾)
白蛇伝説〜ホワイト・スネーク〜(2011年、中国、香港)
星の音(2011年、中国)2011日本・中国映画週間で上映
ファッションの達人(2011年、中国)2012東京・中国映画週間で上映
その夏に抱かれて(2014年、台湾)アジアフォーカス・福岡国際映画祭2015で上映
人面魚:紅衣小女孩外傳(2018年、台湾)

プロモーションビデオ[編集]

可愛女人(周杰倫)(2000年台湾
君が追いかけた夢(Gackt)(2003年日本
Lie(Gavy N.J)(2008年韓国
因為?是女人(呉克羣)(2012年台湾
好好(想把?寫成一首歌)(五月天/メイデイ)(2016年台湾

作品[編集]

CD[編集]

ビビアン・スー名義
くちびるの神話(シングル・1995年:『バーチャファイター』エンディングテーマ曲)
共犯者(シングル・1996年:バーチャファイター2代目エンディングテーマ曲)
天使・想 (Xiang)(アルバム・1996年
8月のバレンタイン(シングル・1996年
天使・想(シァン)New Edition (アルバム・1998年
不敗の恋人(アルバム・2000年
Beautiful Day(シングル・2010年:テレビアニメ『くるねこ』オープニングテーマ曲)
NICE AND NAUGHTY(シングル・2010年
Natural Beauty(アルバム・2011年
天使・想(シアン) NEW EDITION + Natural Beauty(アルバム・2013年
??? ?名義
天使美少女(アルバム・1996年
Lil'Viv名義
MARRY ME? (マキシ・2001年:『本家のヨメ』エンディングテーマ曲)DREAMS COME TRUEのカヴァー。
BLACK BISCUITS名義
STAMINA (シングル・1997年
鬪志 (シングル・1997年
Timing (シングル・1998年
時機 (シングル・1998年
Relax (シングル・1998年
輕鬆 (シングル・1998年
Relax〜リラックス〜(12 inch Analog) LP (シングル・1998年
Bye-Bye (シングル・1999年
再見 (シングル・1999年
LIFE (アルバム・1999年
生機 (アルバム・1999年
ウリナリオールスターズ名義
Happy X'mas ~ War is over (シングル・1999年
The d.e.p.名義
Mr.No Problem (マキシ・2001年
地球的病気-We are the d.e.p- (アルバム・2001年
ITAI (マキシ・2001年
RAINBOW / MOON SMILE (マキシ・2011年
Vivian or Kazuma名義
moment(マキシ・2003年:『機動戦士ガンダムSEED』主題歌)
moment remixes(マキシ・2003年:『機動戦士ガンダムSEED』主題歌)
徐若? 名義
大麻煩 (アルバム・1998年):BMG TAIWAN INC.
不敗の恋人 (アルバム・1999年):BMG TAIWAN INC.
Happy Past Days (アルバム・2000年):BMG TAIWAN INC.
假扮的天使 (アルバム・2000年):BMG TAIWAN INC.
愛的?言 (アルバム・2001年):BMG TAIWAN INC.
我愛?×4 (アルバム・2003年):AVEX TAIWAN INC.
狠狠愛(アルバム・2005年):AVEX TAIWAN INC.
Vivi And...(アルバム・2006年):AVEX TAIWAN INC.
Love Vivian 新歌+精選(アルバム・2007年):AVEX TAIWAN INC.
絶対収蔵徐若? (アルバム・2008年):BMG TAIWAN INC.
敬女人(マキシ・2014年):Wonderful Music Co. Ltd. TAIWAN INC.

写真集[編集]

「Angel―ビビアン・スー写真集」(撮影・陳文彬、1995年)集英社文彬
「Venus―ビビアン・スー写真集」(撮影・陳文彬、1996年)ぶんか社

著作[編集]

世界的日常雑記 ビビアン・スーの地球おにぎり(2000年、角川書店)
プライバシー(2001年、TOKYO FM出版)
ビビアン・スーの我愛Taiwan(2002年、ワニブックス)
我的倒頭栽人生:從女孩14到女人40,鋼鐵V的勇敢筆記(2016年、時報出版、台湾)

作詞[編集]

可愛女人(周杰倫)(2000年、台湾)
伊斯坦堡(周杰倫)(2000年、台湾)
竜巻風(周杰倫)(2000年、台湾)
簡単愛(周杰倫)(2001年、台湾)
開不了口(周杰倫)(2001年、台湾)
想像十個?(呉建豪)(2002年、台湾)
那個女生(呉建豪)(2002年、台湾)
愛情懸崖(周杰倫)(2003年、台湾)
柴米油塩醤醋茶(王力宏)(2011年、台湾)

関連項目[編集]

ブラックビスケッツ
人魚 -NOKKOの楽曲- - アルバム「我愛?×4」でカバー
人物

ウリナリオールスターズ
岩下志麻 - ドラマ『本家のヨメ』で共演して以来の親友で、一緒に日本の旅番組(『旅の香り時の遊び』2005年9月27日「3時間スペシャル 心に染みる旅 第5弾」)に出演
KAZUMA - Vivian or Kazumaを結成

脚注[編集]

外部リンク[編集]

個人[編集]

ビビアン・スーオフィシャルブログ (日本語)
徐若?VivianHsu(@vivianhsu.ironv) - Instagram
Vivian Hsu的美加部落格 - ウェイバックマシン - ビビアン・スー オフィシャルblog (繁体字中国語)
V皇后 - ウェイバックマシン(旧名「狠狠愛 vivian」) - ビビアン・スー オフィシャルblog (繁体字中国語)
徐若?的BLOG - ウェイバックマシン - ビビアン・スー 中国 sina.com 内オフィシャルblog (繁体字中国語)
徐若?VIVIAN - ウェイバックマシン - weibo

その他[編集]

ビビアン・スー |(株)テリオ
ビビアン・スー |(株)リクコーポレーション(提携)
ビビアン・スーに先住民族の誇り!慈善家の母親と仲良く始球式に登場―台湾 (日本語)
Far Eastern Tribe Recordsによるビビアン・スー アーティストページ (日本語)
ブラックビスケッツ - ウェイバックマシン - ブラックビスケッツでのビビアンのプロフィール (日本語)
華誼兄弟文化経紀 - ウェイバックマシン - 所属事務所によるプロフィール (簡体字中国語)
Warner Music Taiwan - ウェイバックマシン (繁体字中国語)
avex taiwan (繁体字中国語)
出典:Wikipedia
2020/02/23 23:34
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant