サービス終了のお知らせ
ビーバップ!ハイヒール
▼人気記事ランキング
1.概要
1.4.関西地区での視聴率
関西地区では、深夜帯の放送ながら、概して高い視聴率を記録。テーマによっては、週間視聴率ランキングの上位(トップ20位以内)に入ったり、レギュラー放送枠以外の時間帯に関西ローカルで再放送を実施したりすることもある。2013年12月30日には、本番組史上初めて、朝日放送(当時)が『ごきげん!ブランニュ』(「ナイトinナイト」月曜枠、通称「ごきブラ」、2016年3月終了)との合同特別番組『なにわの夢の祭典!!ごきブラvsビーバップ ガチンコ7番勝負スペシャル』を関西ローカルで13:55 - 15:55に放送した。

番組史上最高の視聴率を記録した回は、2006年11月30日放送分の「ビーバップ!法医学教室の事件簿」(カシコブレーン:上野正彦)および2010年4月8日放送分の「関西鉄道ミステリー 〜時空を越えた真実を解明〜」(カシコブレーン:川島令三)の16.3%。「関西鉄道ミステリー」については、2010年9月16日放送分の「関西鉄道ミステリー2」でも番組史上第2位の16.1%を記録するなど特に人気が高く、現在に至るまでシリーズ企画を随時放送している(# 番組内容の項を参照)。『朝日放送開局60周年記念番組』と銘打たれた2011年2月24日放送分の15分拡大スペシャルのテーマも、「関西鉄道ミステリー3」であった[10]

[4]前ページ
(1.3.収録体制)
[6]次ページ
(1.5.出演者の不祥事に伴う措置)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/31 01:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant