ビーバップ!ハイヒール
▼人気記事ランキング
1.概要
1.2.番組構成
関西地区のレギュラー放送では、アニメーションによるオープニングムービーを流した後に、当日のテーマに関する再現映像 → 当日のカシコブレーンに関する紹介映像 → スポットCM[5]をはさんで本編に入る。

本編の前半では、カシコブレーンの著書・作品・証言・推理などに沿って独自に制作した再現VTRを流すとともに、スタジオ出演者が解説やコメントをはさむ構成になっている。再現VTRについては、朝日放送テレビの地元・関西地区での放送を念頭に置いているため、ナレーションや登場人物のセリフに関西弁を用いることが多い。その一方で、外国人や海外に関するテーマを扱う場合には、外国人を登場させている。

本編の中盤には、凡人チームの芸人によるロケ企画「ハテナの自由研究」(#番組内容の項で詳述)を挿入。後半は、カシコチームおよび凡人チームに対してアシスタントがクイズを出題したり、スタジオ出演者の一部(または全員)が当日のテーマに関する実験や試技に臨んだりしている。エンディングでは、モモコが筒井に感想を求めた後に、スタッフロールに合わせて歌手(または音楽ユニット)の最新PVを月替わりで流す。

なお、番組開始から第36回(朝日放送〈当時〉では2006年の第1回である1月6日放送分)までは、「納得バナナ」「ハテナバナナ」という小道具を利用した「ハテナバナナチェック」という企画を実施。カシコチームおよび凡人チームのメンバーが、各自で「納得バナナ」か「ハテナバナナ」を自分の席の机へ置くことによって、取り上げたテーマへの“納得度”を評価する趣向になっていた。

[4]前ページ
(1.1.スタジオ出演者)
[6]次ページ
(1.3.収録体制)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/12 23:01
ソ人気記事ランキング
2019/07/17 更新
 1位日本
 2位しみけん (AV男優)
 3位伊藤春香 (編集者)
 4位7月16日
 5位ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant