ビーバップ!ハイヒール
▼人気記事ランキング
2.出演
2.3.かしこブレーン
過去に多数の専門家・有識者が出演したため、シリーズ企画などで複数回にわたって登場した人物や、経歴・肩書・専門で扱うテーマなどで特筆すべき人物を中心に記載。

有村昆
川島令三
上野正彦
橋爪紳也
富澤一誠
玉木正之
西岡文彦
加来耕三
半田健人 [15]
岩崎夏海
上山明博
清塚信也
植木理恵
宇都宮健児
茂木健一郎
藤田紘一郎
山口敏太郎 
白駒妃登美(しらこま ひとみ)[16]
サンキュータツオ米粒写経[17]
河合敦[18]
など

通常の放送では1名が司会席(ハイヒールリンゴの右隣)に座るが、2018年以降は、「著名人かしこブレーンスペシャル」(上記以外の著名人3名が「かしこブレーン」として講義や体験談や実演を交互に披露する企画)を3月中旬と12月中旬に放送。この場合には、「ハテナの自由研究」を休止する。過去にスペシャル版で講師を務めた「かしこブレーン」は以下の通り。

2018年3月15日放送分「春休み直前!著名人かしこブレーンスペシャル」(以下の人物がスタジオの中央で講義や実演)
新子景視プロマジシャン):「クローズアップマジック」の実演
ゴルゴ松本TIM):少年院への慰問活動で展開している「命の授業」(独自の解釈で漢字の成り立ちを解説する授業)の再現
澤穂希:「成功の秘訣」
2018年12月20日放送分「冬休み直前!著名人かしこブレーンスペシャル」(レギュラー版と同じく「かしこブレーン」がハイヒールリンゴの右隣に着席)
西野亮廣キングコング):「信用を稼ぐ時代」
蛭子能収:「笑われる勇気」
爆ノ介:「大ヒットリズムネタに秘められた3つの法則」
法則を証明する目的で、爆ノ介によるギターとシンバルの伴奏に合わせて、「リズムネタ」を十八番にしている藤崎マーケット田崎佑一8.6秒バズーカーバンビーノが立て続けに十八番を披露。本業がピン芸人である爆ノ介も、オリジナルのリズムネタ「山川」を自ら演じた。
[4]前ページ
(2.2.過去のレギュラー出演者)
[6]次ページ
(2.4.女性ゲスト)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/08 01:00
ソ人気記事ランキング
2019/12/13 更新
 1位日本
 2位梅宮辰夫
 3位無名塾出身の俳優一覧
 4位松本ちえこ
 5位12月12日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant