ビートたけし
▼人気記事ランキング
6.映画監督「北野武」
6.3.北野映画の特徴
北野映画の特徴として以下のようなものが挙げられている[84]

青を基調とした映像「キタノブルー」。
自身が俳優として出演し、脚本も手がけていることが多い。
歩くシーンが多い。
セリフが少ない(逆に言えば必要最低限のセリフで映画を成立させている)。
四コマ漫画の連続性。
瞬発的殺戮・秒殺・加減のない暴力描写のリアリズム。観客が想像する前に事が行われる恐怖。
多くの映画パロディー
北野の口癖である「馬鹿野郎」もしくは「この野郎」というセリフが、映画内で多用されている。
緊張の中に突如織り込まれるギャグ
自らの映画作品に暴力団が登場することについては「暴力団を賛美した表現をしたことはなく、拳銃を使った人間は幸せになれないようなシナリオにしている」と述べている[85]

[4]前ページ
(6.2.撮影に関するエピソード)
[6]次ページ
(6.4.キタノブルー)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/15 23:31
ソ人気記事ランキング
2019/06/19 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位6月18日
 4位高橋克也 (オウム真理教)
 5位進撃の巨人の登場人物
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant