ビートたけし
▼人気記事ランキング
4.事件・事故
4.1.フライデー襲撃事件
1986年(昭和61年)12月9日、たけし軍団を連れてタクシー3台にそれぞれ4人ずつ分乗して講談社に行き、フライデー襲撃事件を起こし逮捕。翌年6月10日に懲役6か月、執行猶予2年の判決が下された(東京地裁、確定)。当時のレギュラー番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』『スーパージョッキー』への出演については、執行猶予判決が確定するまでの約8か月間謹慎することとなった。なお、当時たけしと交際していたといわれた女性への暴行で告訴された記者は、罰金10万円の判決を受けた。

1987年(昭和62年)、映画監督・深作欣二は、謹慎中の身にあったたけしと京都において初対面。その印象を「非常に鋭い顔をしている。笑っていても目は笑わんし、顔立ちが独特だ。いろんな人間とシビアな闘争をしてきた男の顔だ」と語った。

[4]前ページ
(3.6.エピソード)
[6]次ページ
(4.2.バイク事故)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/16 13:31
ソ人気記事ランキング
2018/10/23 更新
 1位日本
 2位沢田研二
 3位積木くずし
 4位田中信夫
 5位穂積隆信
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant