サービス終了のお知らせ
ビーチクラフト
▼人気記事ランキング
概要
ビーチクラフトBeechcraft )はアメリカ飛行機メーカー。軽飛行機メーカーとしてはセスナパイパー・エアクラフトと並ぶビッグスリーの一つ[1]

1932年設立。1980年からレイセオン社の子会社となり、2006年からホーカー・ビーチクラフト社のブランドとなっていたが、現在はセスナ、ホーカーと共にテキストロン傘下となっている。

概要[編集]

1932年カンザス州ウィチタで「ビーチ・エアクラフト・カンパニー」(Beech Aircraft Company )として設立される。創業者はウォルター・ビーチ夫妻で、設計主任者はテッド・ウェルズ。同年11月に最初の機体である「スタッガーウィング」(Model 17 Staggerwing)の初飛行に成功。第二次世界大戦中には軍用機も生産した。

戦後の1947年より主力商品となる軽飛行機ボナンザ」(Bonanza)を販売。1964年にはビジネス用途の双発ターボプロップ機「キングエア」(King Air)を市場に投入した。

1980年からは軍需企業レイセオン傘下となり子会社として事業を継続。1993年にレイセオンがブリティッシュ・エアロスペースの一部事業を買収したことに伴い、1994年に「ビーチ・エアクラフト・コーポレーション」は「レイセオン・エアクラフト・カンパニー」の事業部に組み込まれた。さらに2006年にはゴールドマン・サックスオネックスが共同で事業を買収し、ホーカー・ビーチクラフトに社名を改め、ビーチクラフトは同社の一ブランドとなった[2]

2012年3月にホーカー・ビーチクラフトが連邦倒産法第11章の適用を受けた後、2013年2月より再びビーチクラフトの社名で経営再建を目指していた[3]

後にテキストロンの航空機部門テキストロン・アビエーションの傘下となり、ビーチクラフトのブランド名で継続している。

主な機種[編集]

旅客機[編集]

D.17S スタッガーウィング
モデル 18
モデル 19 / 23 / 24 マスケティア / サンダウナー / スポーツ / シエラ
モデル 33 / 35 / 36 ボナンザ
モデル 34 ツイン・クワッド
モデル 50 ツイン・ボナンザ
モデル 55 / 56 / 58 バロン
モデル 60 デューク
モデル 65 クイーンエア
モデル 76 ダッチェス
モデル 77 スキッパー
モデル 90 / 100 / 200 / 300 キングエア
モデル 95 トラベルエア
モデル 99 エアライナー
モデル 400 ビーチジェット
三菱重工業MU-300が原型
モデル 1900 ビーチライナー
モデル 2000 スターシップ

軍用機[編集]

XA-38 グリズリー
AT-7 ナビゲーター
AT-10 ウィチタ
AT-11 カンザン
VC-6
C-12 ヒューロン
UC-43 トラベラー
C-45 エクスペディター
CT-134 マスケティア
CT-145 スーパーキングエア
RC-12 ガードレール
T-1 ジェイホーク
T-6 テキサンII
T-34 メンター
QU-22 ペイブイーグル
T-42 コーチーズ
U-8/U-8F セミノール
U-21 ユート

無人航空機[編集]

AQM-37 ジェイホーク英語版
MQM-61 カーディナル英語版
MQM-107 ストリーカー

脚注[編集]

資料[編集]

Pattillo, Donald M. (1998). A History in the Making: 80 Turbulent Years in the American General Aviation Industry. New York: McGraw-Hill.

関連項目[編集]

レイセオン・エアクラフト・カンパニー
レイセオン
ホーカー
ブリティッシュ・エアロスペース
航空機メーカーの一覧

外部リンク[編集]

Beechcraft(英語)
出典:Wikipedia
2020/02/19 08:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant