ヒトデ
▼人気記事ランキング
7.下位分類
7.1.主な種
アオヒトデ Linckia laevigata (ホウキボシ科):青色。一本の脚の長さは10cm以上にもなる大型のヒトデ。
アカヒトデ Certonardoa semiregularis(ホウキボシ科):朱色、腕は細長く輻長約10cm。
イトマキヒトデ Asterina pectinifera(イトマキヒトデ科):腕は短く、五角形の糸巻の形に似ている。輻長約6cm。
オニヒトデ Acanthaster planci(オニヒトデ科):輻長約15cm。トゲに強い毒を持つ。珊瑚を主食とする。
トゲモミジガイAstropecpten polyacanthus(モミジガイ科):輻長約10cm。テトロドトキシンを持つ。
スナヒトデ Luidia quinaria(スナヒトデ科):輻長約14cm。
ヤツデスナヒトデ Luidia maculata(スナヒトデ科):輻長約20cm。
タコヒトデ Plazaster borealis(タコヒトデ科):30本前後の腕をもつ。
キヒトデ(ヒトデ・マヒトデ)Asterias amurensis (キヒトデ科):輻長約10cm。
ヤツデヒトデ Coscinasterias acutispina(キヒトデ科):腕はおおむね8 - 11本。
フサトゲニチリンヒトデ Crossaster papposus(ニチリンヒトデ科):腕は10本前後。
[4]前ページ
(7.下位分類)
[6]次ページ
(8.人間とのかかわり)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/20 22:02
ソ人気記事ランキング
2019/12/16 更新
 1位日本
 2位梅宮辰夫
 3位松本ちえこ
 4位新春かくし芸大会の放送一覧
 5位無名塾出身の俳優一覧
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant