ヒンドゥー教
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ヒンドゥー教(ヒンドゥーきょう、ヒンドゥーイズム: Hinduismヒンディー語: ?????? ????サンスクリット語: ??????????)、慣用表記でヒンズー教、ヒンヅー教、ヒンド教、ヒンドゥ教は、インドネパールで多数派を占める民族宗教、またはインド的伝統を指す。西欧で作られた用語である[1]ヒンドゥー教徒の数はインド国内で10億人、その他の国の信者を合わせると約11億人以上とされ、キリスト教、イスラム教に続いて、人口の上で世界で第3番目の宗教である[2][3]
目次
1.語源と名称
2.信者
3.ヒンドゥー教の特徴
├3.1.ヒンドゥー教の範囲
├3.2.主要な神々
├3.3.四住期
├3.4.業と輪廻
├3.5.カースト
├3.6.河川崇拝
├3.7.菜食主義
├3.8.聖牛崇拝
├3.9.ヨーガ
├3.10.グル信仰
├3.11.女性
├3.12.結婚
└3.13.主な宗派
4.歴史
├4.1.インダス文明時代
├4.2.ヴェーダ
├4.3.バラモン教からヒンドゥー教へ
├4.4.六派哲学
├4.5.不二一元論とバクティ
└4.6.その後のヒンドゥー教
5.教典
6.聖地
7.遺跡
8.祭礼
9.脚注
10.出典
11.参考文献
12.関連項目
13.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/11/25 16:00
ソ人気記事ランキング
2019/12/08 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant