サービス終了のお知らせ
ヒューゴー賞
▼人気記事ランキング
2.ヒューゴー賞の部門
2.1.関連する賞

アスタウンディング新人賞[編集]


新進作家を対象とする賞。ヒューゴー賞からは独立した賞という扱いだが、ヒューゴー賞とまったく同じプロセスで選出され、ヒューゴー賞セレモニーで授賞される。

ロードスター賞[編集]


2018年に、ヤングアダルト読者向けのSF・ファンタジー作品の書籍を対象として創設された。ヒューゴー賞からは独立した賞という扱いだが、ヒューゴー賞とまったく同じプロセスで選出され、ヒューゴー賞セレモニーで授賞される[3]

賞名は2019年より The Lodestar Award for Best Young Adult Book となる(初年度はWSFS Award for Best Young Adult Bookとして実施された)。「ロードスター」は「導きの星」という意味[4]

レトロ・ヒューゴー賞[編集]


レトロ・ヒューゴー賞(遡及的ヒューゴー賞、Retrospective Hugo AwardsまたはRetro Hugos)は、ヒューゴー賞が授与されなかった草創期のワールドコンの各年度の有資格作品を対象として、通常のヒューゴー賞と同じ手順を経て選ばれる。1990年代中盤に規則が制定された[5]

当初は該当年(1939-41、46-52、54年)の50・75・100年後に開催されるワールドコンにおいて実施可能とされた。2017年以降は「1939年以降でヒューゴー賞が授与されなかった年」の25の倍数年後に実施可能となった[4]

実施するかどうかは有資格年のワールドコン実行委員会の判断による。これまでに実施されたのは1996年(1946年)、2001年(1951年)、2004年(1954年)、2014年(1939年)、2016年(1941年)、2018年(1943年)、2019年(1944年、予定)である。

[4]前ページ
(2.ヒューゴー賞の部門)
[6]次ページ
(2.2.受賞資格)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/14 00:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant