サービス終了のお知らせ
ヒース・ヒーリング
▼人気記事ランキング
1.来歴
1.1.PRIDE
2000年6月4日、PRIDE.9PRIDE初参戦。PRIDE.11トム・エリクソン、続くPRIDE.12ではエンセン井上に勝利し、さらにPRIDE.15では、当時「霊長類ヒト科最強の男」と呼ばれたマーク・ケアーにTKO勝ちを収めた。

2001年11月3日、PRIDE.17の初代PRIDEヘビー級王座決定戦でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2002年11月24日、PRIDE.23のPRIDEヘビー級王座次期挑戦者決定戦でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、パウンドでドクターストップに追い込まれTKO負けを喫し挑戦権獲得に失敗した。

2003年6月8日、PRIDE.26ミルコ・クロコップと対戦し、左ミドルキックからのパウンドでTKO負けを喫した。

2004年4月25日、PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦のヘビー級グランプリ1回戦で高橋義生と対戦し、パウンドで失神KO勝ち。6月20日、PRIDE GRANDPRIX 2004 2nd ROUNDのヘビー級グランプリ2回戦でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと再戦し、2R開始直後にノゲイラの新技スピニングチョークで一本負け。リベンジは果たせなかった。

2004年10月21日、PRIDE.28横井宏考と対戦し、1RでTKO勝ち。この一戦でPRIDEとの契約が切れた。

[4]前ページ
(1.来歴)
[6]次ページ
(1.2.HERO'S)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/06 05:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/29 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位2月28日
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant