パシフィック・リム (映画)
▼人気記事ランキング
3.登場人物
3.4.コミックス版:Tales From Year Zeroの登場人物
イェーガーのパパラッチ(通称「イェーガー・フライ」)の1人。ロシア人。持前の潜入技術を奮い、イェーガーに関することを深くまで潜り込んで調べる。ヤンシーと親密な関係を持つなどして、スタッカーのチームを崩壊させかねない所まで追い込みかけてしまったものの、最終的にテンドーの手助けがあって無事に足を洗った。
イェイェ・チョイ
テンドーの祖父。中国人。「アックスヘッド」がサンフランシスコに侵入した際に車で逃げようとし、何とか港まで辿り着くものの、戦闘機との戦闘の際に「アックスヘッド」が流した「カイジュウ・ブルー」が降りかかり、命を落とした。
ルーナ・ペントコスト
スタッカーの妹。イギリス人でイギリス空軍所属。第二次世界大戦時のアメリカ合衆国と英国の同盟関係を重要視しており、いつかその恩を返したいという思いからパイロットを志願した。兄の制止を押し切り、強い信念を持って親友のタムシンと共に戦闘機で「アックスヘッド」を倒そうとし、喉元にサイドワインダーを直撃させようと接近したところ、長大な爪に衝突し戦死した。モットーは「竜を屠る」。
タムシン・セビア
ペントコスト兄妹の友人。カナダ人でイギリス空軍所属。髪を赤く染めている。ルーナと共に「アックスヘッド」を倒そうとするもルーナの戦死の訃報を受け、怪獣に復讐を誓う。
環太平洋防衛軍発足後にレンジャーを志願し、スタッカーと共に「コヨーテ・タンゴ」のパイロットとなる。東京で「オニババ」との戦闘中に「ニューラル・ハンドシェイク」の影響で失神したものの、スタッカーの奮戦で勝利を収める。後に重度のガンを発症し、スタッカーにレンジャー業を引退するように強要されるが、彼と共に歩んでいくことを頑として譲らなかった。その後、病院に入院しガンの発作でこの世を去り、ハワイに埋葬された。
ジャスパー・ショーンフィールド
環太平洋防衛軍の科学士官でイェーガー生みの親とされるアメリカ人。
ケイトリン・ライトキャップ
ジャスパーの弟子でドリフトの開発者及びイェーガー開発の責任者の一人であるペンシルバニア州ピッツバーグ出身のアメリカ人女性。
2015年には「クリムゾン・タイフーン」のコクピットのデザインを担当した。
同年、アダムの代わりにプロトタイプのイェーガー「ブロウラー・ユーコン」のパイロットの1人となり、「カーロフ」の討伐に成功した。イェーガーに搭乗する前は真面目な性格だったが、パートナーであるセルジオと共にドリフトした結果、精神結合を経たことにより活発な性格に変化した。
アダム・ケーシー
プロトタイプのイェーガー「ブロウラー・ユーコン」のパイロットの1人。アメリカ人でアメリカ空軍所属。大尉の階級を所有している。
「ブロウラー・ユーコン」のテスト操作中、神経接合中のデータロードが肉体の許容負荷を超えたことにより身体が非常に強い拒絶反応を示し、その強烈な反動で強度の腰痛と背骨の痛みを同時に併発、さらに脳卒中も発症し、機体ごとバランスを乱して倒れ、60m以上の高さから機体ごと叩きつけられた衝撃によって亡くなった。
セルジオ・ドノフリオ
プロトタイプのイェーガー「ブロウラー・ユーコン」のパイロットの人。

イェーガーのパイロット[編集]


イェーガー「ロミオ・ブルー」のパイロットであるアメリカ人兄弟。第1世代から全盛期まで活動して幾度もの戦闘に参加し、イェーガーの広告塔としての活躍もあるが、2頭目の怪獣討伐を祝うパレードにも出席した余波で人気が高まり、セレブの花道を駆け抜けた。
「ナイフヘッド」が出現した時には最終防衛ラインを死守すべく捜索するも振り切られ、「ジプシー・デンジャー」が大破した後にシアトルでの怪獣襲来で戦死した。
ダック・ジェソップ
イェーガー「タシット・ローニン」のパイロット。国籍不明だが、オーストラリア人とベトナム人のハーフ。
カオリと共にリマの攻撃チームで活躍したが、3度の出撃を経験した後に夫婦共々戦死した。
カオリ・コヤマダ
イェーガー「タシット・ローニン」のパイロット。屋久島出身の日本人でダックの妻。低予算で作られる特撮映画のスーツアクターの父を持つ。
ダックと共にリマの攻撃チームで活躍したが、3度の出撃を経験した後に夫婦共々戦死した。
スコット・ハンセン
イェーガー「ストライカー・エウレカ」の前パイロットで、ハークの弟。兄と同じく優秀だが、他人から合併症とみなされても仕方ないほど混乱を巻き起こしたり相当の女たらしだったりと人間性に問題があり、自分の行動に責任を感じる姿なども見られない。
後に環太平洋防衛軍の情報機密を重大に侵害し、これをドリフト中にハークに見破られて上層部に報告された結果、悪行が上層部にも筒抜けになり、追放された。
[4]前ページ
(3.3.その他の人物)
[6]次ページ
(4.イェーガー)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/08/24 17:02
ソ人気記事ランキング
2018/10/21 更新
 1位日本
 2位沢田研二
 3位田中信夫
 4位ドリフ大爆笑のコント
 5位安達征耶
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant