サービス終了のお知らせ
パクス・ブリタニカ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
パクス・ブリタニカラテン語Pax Britannica (パークス・ブリタンニカ))とは、イギリス帝国の最盛期である19世紀半ばごろから20世紀初頭までの期間を表した言葉。特に「世界の工場」と呼ばれた1850年頃から1870年頃までを指すことも多い。イギリスはこの時期、産業革命による卓抜した経済力と軍事力を背景に、自由貿易植民地化を情勢に応じて使い分け覇権国家として栄えた。周辺地域での軍事的衝突や砲艦外交による武力行使などはあったものの、ナポレオン戦争第一次世界大戦の時期に比べれば、特にヨーロッパ中核地域は比較的平和であったことから、ローマ帝国黄金期の「パクス・ロマーナ(ローマによる平和)」にならい「パクス・ブリタニカ(イギリスによる平和)」と呼ばれる。「パクス」はローマ神話の平和と秩序の女神に由来する。
目次
1.概論
2.語源
3.海軍力
4.対外政策
├4.1.海路の支配
├4.2.戦略地域の安全確保
└4.3.対英同盟の阻止
5.脚注
6.主要参考文献
7.関連項目
出典:Wikipedia
2019/12/24 15:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant