パウロ・ロベルト・ファルカン
▼人気記事ランキング
1.経歴
1.1.選手として
1970年代後半から1980年代中期のブラジルを代表するボランチ。下がり目の位置から放つ正確なロングパスを駆使して中盤を操り、機を見て前方へ進出しミドルシュートを放つ、またトリッキーなパスを使って攻撃に変化を与えることを得意とした。 そのプレイスタイルは、イタリアのサポーターから「ユニフォームとスパイクの代わりにスーツと革靴を身に着けても、彼は同様のプレイができるだろう」称えられた
クラブではインテルナシオナルリオグランデ・ド・スル州選手権に5回、ブラジル全国選手権に3回優勝。1980年にイタリアのASローマに移籍すると1982-83シーズンに41年ぶりのリーグ優勝に貢献。翌1983-84シーズンにはUEFAチャンピオンズカップ準優勝に導いた。ローマのサポーター達はファルカンを「王政ローマ時代の7人のローマ王達に匹敵する」と賞賛し「L'ottavo re di Roma (第8代ローマ王) 」とした。
ブラジル代表では1976年に代表デビューを飾るが、通算記録は36試合9ゴールと少なめである。当初は攻撃的MFとしてプレーしていたため、ジーコの控えであった。しかし1982年ワールドカップでは、ボランチとしてジーコソクラテストニーニョ・セレーゾとともに黄金のカルテットを形成した。特に2次リーグ・イタリア戦の後半23分の2-2の同点に追いつくミドルシュートの場面などは、ゴールに至るパスや他選手との連動性の巧妙さと共にその存在感を示した。
現役時代のファルカンは、「ドトール (先生・博士) 」と渾名され整形外科医としての顔を持つソクラテスに劣らぬ理知的なサッカー選手として認知され、卓越した戦術眼を称えて「走る指揮官」の異名が定着した。そのことから、現役引退後は「名監督」になるだろうと期待された
1999年ワールドサッカー誌の20世紀の偉大なサッカー選手100人で85位に選出された。
[6]次ページ
(1.2.引退後)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/07/01 00:01
ソ人気記事ランキング
2019/11/15 更新
 1位日本
 2位伊藤綾子
 3位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 4位二宮和也
 5位11月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant