サービス終了のお知らせ
パイ中間子
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
パイ中間子(パイちゅうかんし、π–meson)は、核子を相互につなぎ原子核を安定化する引力(強い相互作用)を媒介するボソンの一種である。パイ粒子パイオン(Pion)とも呼ぶ。
当時大阪大学の講師であった湯川秀樹が、その存在を中間子論で予言した。ミュー粒子が1936年に初めて発見された当時、ミュー粒子はこの役割を担う粒子であるとされたが後に強い相互作用を行わないことが判明し、1947年に荷電パイ中間子、1950年に中性パイ中間子が発見され、これらが湯川秀樹の予言した粒子であることが明らかとなった。
その線量分布の特性から負電荷のパイオンはスイスカナダ・アメリカでがん治療に用いられた。
目次
1.基本特性
2.歴史
3.外部リンク
4.関連項目
出典:Wikipedia
2018/08/17 11:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant